は行

破壊工作 【コマンド】

隣接する国の城壁耐久値を低下させるコマンド。知力依存のため戦争中、特に一斉前に文官がよく使う。
謀略の貢献値が高かった頃は戦争中の隣国へドサクサ紛れに仕掛ける裏技があったが、貢献値が下がった今ではハイリスクローリターン。
なお武力依存で農業値を低下させる追加効果が出る事がある。微妙。

破棄猶予 【外交】

どちらか一方の国が条約を破棄すると相手国に通達した場合に、その後条約が有効とされる年数を定めた条約。
基本的には条約内容のすべてが適用されるが、特に定めてある場合にはその限りではない。
基本的に4年~8年が主流。
どうでもいいけれど奇襲だけは嫌な場合は4年、
一緒に仲良くやっていきましょうねと言う場合は8年
と言う感じ。
あんまり極端な年数を結ぶとスレッドで叩かれるよ!
近隣諸国と結ぶ場合、挟撃を防ぐため多少年数をずらして結ぶ事が多い。

バニラ 【人名】

第一回神聖モテモテ王国上層部(統一)、第二回筑紫国君主(中盤でクーデターを起こされ追放)第三回筑紫国君主(統一)、第四回大関民国軍師(ラス2、終盤クビになる)第五回VIP軍師(中盤で撃破、滅亡間際に起用される)など、多くの場面で上層を務め活躍している武将。幻想戦記の攻略サイトを作るなど仕様に関してはかなり詳しく、外交文にすら♪を多用する敵に回ると厄介な存在である。しかし、6回目パスタ国で君主を禅譲されたところ、条約無視、前言撤回、奇襲、等の悪行の限りを尽くし名声は失墜、以後隠居状態となり目立った活躍はない。
建国時に多くの仕官者が集まりやすく、また外交や戦争指揮においてはかなりの実力者なため恐れられている。筑紫に住む幻想三大武将の一人である。

ぱらでぃん 【人名】

妹五虎将の一人。ネギまとローゼンメイデンが大好きな岐阜三人衆のひとり。

バレンタイン 【人名】

第52回ぐっも~☆国君主。多くの人に支えられ悲願の初建国初統一を果たす。
指揮に関しては指令の頻繁な更新や指令に情報を先の先まで詰めるため攻撃重視となり突破力は高い。ただしその分拘束されるので仕官の際は念頭に入れておこう。
また育成もムコ使い、魔族文官、指揮官等で侵攻を追求した独特なキャラメイクを行っている。
指揮、育成、国宛の全てから攻めの心が感じられる、素敵な変態である。
口調やプレイスタイル、性癖など多くの点で強い個性を放つ人物である。

反乱 【災害】

市長!街は大混乱ですぞ!と言うアレ。
民忠が20以下の場合、6月と12月に反乱が起きる可能性がある。反乱が起きると城壁値が下がり、城壁値低い場合そのまま無所属化する恐れがある。
前線でこれが起き、無所属化した上、建国されると厄介極まりない。だから魔族は支配するなって言ったのに!


ひ行

氷流 【人名】

統率ランクトップの常連。
能力厨の代名詞として使われているが、戦神ランキングの常連でもあり、彼なりの理論の上での能力厨らしい。
中盤、平原を守る彼を見た時の絶望感と言ったら・・・。
最近は重装騎兵の弱体化もあって、そこまで強くない。
っていうか登録している姿もあまり見かけない。


ピカ冲【人名】

幻想の公式BBSでプレイヤーからの質問に答えている電気鼠。
スレッドが2スレ目に突入したり、ゲーム内にまで登場したりもしてる。
幻想のゲーム内でのピカ冲のポケ○ンマスターは悟史ではなく霞になっている。
ちなみに、鯖対抗でも見事な活躍をした。

樋口長重郎永時【人名】

第16回から参戦(公式BBSにあった統一国と当時の外交文等から確認)している。名前が長すぎて逆に目につく人物、いつからか発言の際、語尾に「ヒゲーw」などをつけるようになった。原因は「借金しすぎていぬさんに呪われた(本人談)」のだそうだ。
いぬさん曰く「借金癖を治せばもう解ける」らしいが、本人に改心の兆しは全く見られず、最近に至っては「借金大王」を自称している。
なお、魔族指揮官で毎回登録するためか、混沌竜を使うための金がかさみ借金王の常連になることが多い。
社会人となり、昼間のオンが厳しくなったため、とうとう魔族を辞めるときがきたかっと、割とまじめに考えているらしいが、当人を見る限りその兆しは全く見られない。どうやら開き直ってしまったようである。
「借金王」の称号がつくようになってから露骨にそれを狙う発言も繰り返しているが、称号がなくてもこの名前が借金王の代名詞であることは言うまでもない。
2chにも時々現れる。眉をしかめる者もいるが、本人は全く気にせず、やりたい放題である。
初登録から約30回目、第45回にしてついに「借金帝国」なる一大派閥国家を立ち上げ、ラス4まで生き残りこたつ国と開戦。優位に進めるも、戦中に全国家との条約破棄宣言を行い、ソビュール他の3カ国包囲により滅ぼされてしまった。

髭【通称】

樋口長重郎永時のこと、語尾に「ヒゲーw」をつけ、顔グラのアイコンが髭面のおっさん武将なのでこう呼ばれている。


ふ行

不可侵条約 【外交】

相手の国と、お互いに攻め込まないことを定めた条約。
最も基本的な条約であり、勝手に破ったものは追放されても文句は言えない。
この条約に準じて友好国設定ができるので、上層となった場合には活用しよう。
その性格上、破棄猶予とあわせて運用されることが多い。というよりあわせないとあまり意味がない。

部隊 【部隊】

アーカイブ。同じ部隊なんだから仲良く戦いましょうって事。
部隊長は集合コマンドをかけると、その部隊の武将を集合をかけた地点まで移動させる事が出来る。これによって前線の守備を厚くしたり、後方で徴兵をかける事が可能となる。
近年幻想では必須のインフレ。そのため戦争前は「部隊長募集!」と言う文字を良く見る。きっとラビエヌスは脊髄反射で書いてるに違いない(またそれか!)。
また部隊にはそれぞれ兵種によってボーナスが付く。竜槍隊なら槍兵に、魔導隊なら魔導兵種と傀儡鎧兵に付く。序盤~中盤ではこれが大きい。悪い事は言わないから入っておきなさいってこった。

ブラックレイ 【武器】

販売価格 金450000 威力 +45

スキル
【魔剣の力】(戦闘開始時)敵能力(?)低下
【魔剣の力】(戦闘中)連撃強化、追加ダメージ(-1~-10)

店で販売している中で最強の装備
そのため販売価格も最高、購入資金を集めるのにも苦労する
武器威力、スキル能力共に優れており、連撃強化もあるので武官が買えば値段に見合った性能を発揮する。
セイクリッドクルスのイベントのキーとなる
強化されたブラックレイも追加されたが、魔族以外は鉱石強化での入手が行えなくなった上、
それ以外の種族では聖剣化したセイクリッドクルスを持った相手と戦うしか入手方法が無くなった。
関連事項:

プラプラキン 【人名】

第二回、四回沈黙の潜水艦君主。猛烈な将軍回しが特徴。臣下の更新時間をこまめにチェックする。指揮、戦術は平凡。ここまでは問題ないのだが、外交に致命的欠陥アリ。
彼の【プラキンフィールド】を通した外交文は都合よく誤って解釈されトラブルを引き起こす。意図した事が伝わらないため、彼と外交をしたくない外交官もかなり多い。
また彼の必殺技の【プラキン時刻表】は多大な戦果の代償に上層部の睡眠時間と休日を奪い去る。
最近復活を宣言。文官にも関わらずON率は滅茶苦茶良かった。

不良債犬 【人名】

昇竜剣の後を引き継ぎ犬小屋の軍師に就任。
前任者と似てわがままな面は有るが戦術においては、いぬから絶大な信頼を寄せられいて作戦などを任せられる事が多いと聞く。
第25回で犬小屋の統一を影ながらにサポートした。
なお、いぬや昇竜剣と同様に、語尾に「ワン」「にゃ」「ブヒ」などを付けるがどれを付けるかは統一されてない模様。
第31回、幻想893国の君主が削除されたため君主に就任。辣腕をふるい2倍以上の武将数を持った静謐国に勝利したが、直後にグランに連戦をしかけられ滅亡した。
なおその辣腕っぷりには批判も多く下野するものもいたが、個性的な武将が少ない昨今の幻想戦記にあって、批判を恐れない指揮っぷりは一定の評価をしてもいいはず。
なおアーケードゲームに詳しく、朱戦出身を噂されている。
近年は空気を読まない半ば荒らしのような行為を繰り返し、完全にウザキャラ化していたが、ついに第49回でアク禁を食らい引退宣言。
しかし、引退宣言でもゴタクを並べてウザがられるという、まことに彼らしい最後であった。

古河秋生 【人名】

第2回で古河パンを統一した君主で通称は店長。しかし存在感が薄い。
外交、指揮、戦術などで特に秀でた部分はないが人望が厚く、部下の扱いに長け、良いところをだけをうまく活用する柔軟な判断力の持ち主。
第42回で天頂という名で古河パンを建国。人望ゆえか多数の仕官を受ける。中盤異教に苦戦するが、非異教同盟を組みなんとか撃退。残った2国に連戦を仕掛けられるも圧倒的な動きのよさでラス3戦を一日、ラス戦を二日で終了させ、統一を果たした。
ウサ天(古河早苗)とは名コンビである。


へ行



ほ行

ホイミ 【人名】

国取面のDQFF、エク面などでも活躍した古参武将。
第7回ぱふぱふ屋外交官(玲菜)包囲網を突破し、一躍統一候補に躍り出るが、カポ帝との交戦中破棄不可の不可侵を宣戦布告中に破棄通達したところカップル国ともめ、条約を無効化されおまけに奇襲もされて滅びる。
第8回桜木町外交官。
第9回いつものDQ国君主。反DQ国が建国されたり、少ない初期仕官者、痴漢で逮捕された等のネガキャンにも参らず、初期に竜飛翔国との硬い同盟を結び、その後ラス2まで何とか残す。
丁寧でマメ、義理硬い武将だが、ON率が低く、戦術戦略ともに地味な武将である。その所為か君主になっても『いいから登用書いて来いよ』『早く役職回せよ』など言われ、弄られキャラになっている事が多い。

放牧文化 【文化】

主に騎兵兵種にボーナスを与える文化。
Lv1の軽騎兵強化の影響と、収入・支出の面でも有利になるため、
使い勝手が良く、終盤まで残りやすい文化である。
またLv3での精鋭竜弓騎兵はコストパフォーマンスも良く、
獣人やエルフ指揮官でも徴兵出来るため、活躍の場を無くした彼らの受け皿にもなりやすい。
要するに初めての文化ではこれか重商文化を選びなさいって事。
だがLv4になると指揮官が守備につきたがらないと言う諸刃の剣にも・・・。

謀略文化 【文化】

魔族兵種や謀略コマンドにボーナスを与える文化。
そう言うわけで魔族指揮官弱体化の流れでこの文化を選ぶ国は少ない。
Lv2になると他文化では軍師限定の謀略コマンドを全員が使えるため、指揮者の作戦次第では物凄く面倒な相手になりかねない。この文化を相手にした国の前線都市の拠点が索敵だらけになることも多い。

星影のドレス 【魔具】

非売品* 効果 +28

スキル
【静寂への祈り】防衛時:戦闘10ターンで終了

女性指揮官の憧れ。垂涎の一品。
これを持てば重装騎兵、いや傀儡鎧兵以上の壁になれる!
実際は女性の徴兵可能兵種が微妙なのでそれ程でもない。って言うかまず鉱石を手に入れるところから・・・。
幻想戦記にはジェンダーフリーと言う概念はないのである。

堀・堀化

ある都市の争奪を繰り返して内政値(主に人口)をボロボロにし、拠点として使いづらくさせること。
堀となった都市を越えて更に攻め込むには作戦参加人数などで大きなアドバンテージを有していないと非常に苦しいことになる。それ故本来は大国にこそ有利で小国には不利に働くのであるが逆にとらえている人が非常に多い。小国が苦し紛れに採用すると結局最後は自分の首を絞めることになりがちなので注意。