基本

武官ってどんなもの?

武官はなんと言っても戦争の主役!
鍛え上げた強い力と、選び抜かれた兵たちで敵を打ち倒す!
武器に秘められた力を使って必殺技を繰り出し、時に敵の武将と一騎打ちを繰り広げる!
様々な種類の兵を扱えるので、攻撃や防御、地形や攻城で兵の使い分けがポイントになるぞ!

とは言っても武官で活躍するのが難しいわけじゃない。
オン率が高いに越したことはないけど、そこそこのオン率でも十分に活躍できる。
このギルドでは、武官を選んで活躍するためのコツをみんなで分かち合っていくぞ。

キャラメイキング

キャラメイキングの項目を参考に
ここでは武官向けの選択肢を紹介する。

種族

種族により能力値・兵科・装備等が異なる。
武官はどの種族を選んでも活躍が可能。

「人間」 活躍時期:全時期平均的
兵科の種類が豊富で武官初心者向け。
固有スキルが無いので序盤は獣人に劣るが、中盤以降は兵科のバランスが良くなり攻守共に活躍できる。特に終盤の機械鎧兵は基本性能が高く扱いやすい。ドライブアーム+チャージアームを所持した状態で魔法鉱石開放値を10貯めると上級機士になり、機械鎧兵『重』を使えば武官で最上の攻撃力を叩き出すこともできる。対魔族最強の聖剣士は人間のみがなれる。詳しくは下記育成例を参照。人望が高いので占領後の無所属化も避けられる。

「エルフ」 活躍時期:中盤
弓兵系での戦闘に補正がつく。侵攻中心に力を発揮する。クロスシューターとのシナジー効果が非常に高い。中盤は長弓兵や機構弓兵が武官の主力となるため無双状態。終盤は精霊弓兵が使えるが他の種族の最上位兵科と比べると能力は一枚劣る。弓系武器を使うか、その他の強力な武器を使うかで個性が出る。

「獣人」 活躍時期:序盤~中盤
初期武力+5や一騎討ち時の能力を常時上昇、スキルでは【誇り高き力】【ハウリング】など基礎スペックに優れ、序盤~中盤に強い。初期ボーナスで魔具Rank+1なら獣人とシナジー効果の高い炎の魔導書、Rank+2で鉱石取得確率上昇のラックブレスが手に入る。シュテルンサクス+エカルラートバングルの炎の魔法剣で行くか、フランシュヴァート+フレイムオーブで行くか、カレドウィフで神竜兵で行くか、悩みどころである。

「魔族」 活躍時期:中盤~終盤
闇属性の武器や兵科が魅力だがクセが強く初心者には不向き。聖属性を装備した相手と戦闘するとマイナス補正がかかってしまう。カースブラッドを買って冥界からの進撃スキルとシナジー効果の高い魔霊鏡スキルを最大限生かすか、ブラックレイを買って能力底上げと聖属性にマイナス補正をかけるか、どちらにせよ仕様を理解した戦い方が必要になる。中盤では白骨騎士、終盤では冥王の使徒など魔族特有の兵科が続々登場する。終盤で真価を発揮する。

成長

「剣士の家の生まれ」 武器Rank+2
「魔術の家の生まれ」 魔具Rank+2
「騎士の家の生まれ」 階級+1000。上位兵科を早く雇える。
「商人の家の生まれ」 では序盤の資金難の解消。
「放牧民の生まれ」 は運要素が多すぎる。貴重品はいくらでも拾えるので他を選んだほうがいい。

初期装備を最後まで使い続けることは少ないため好みで決めてしまっても良い。
有用な初期装備は
獣人男性武器Rank+3のスラッシュクロー(ブレイブソウルに進化)
獣人魔具Rank+2またはエルフ魔具Rank+3のラックブレス等

現在

「敵を打ち倒す力」 基本的にこれで武力を上げておけばOK!
「国家を発展させる知恵」 知力は武官にはまったく必要ないので絶対選択しないように。
「人を導く指導力」 で統率を上げるくらいなら、武力を上げるか、武力型ではなく武統型で始めたほうが効率的。
「人心を掴む魅力」 人間で聖剣士を目指す場合は人望を高めるとよい。
「民を従える高い名声」 を選択すれば階級+1000なので最初から弓兵が使える。成長で「騎士の家の生まれ」を選択していれば階級合計+2000なので最初から長槍兵が使える。
これら仕様を十分理解した上で選択しよう。

理想

「成長」と組み合わせて欲しい装備を手に入れよう。
「自分を成長させる可能性」鉱石開放値を上げると上位武器を早く入手できる。

能力型

能力タイプは武力型一択。
一応武力統率型からも武官を目指せるが、初心者にはあまりお勧めできない。

タイプ 武力 知力 統率力 備考
武力型 150 10 90 武官はこの型限定になる



固有スキル

連撃  条件:武力140以上

1戦闘で1回だけ、武力に依存した追加ダメージを与えられるスキル
固い相手に対して少しでもダメージ増加できるのは嬉しい
武力によって最大HIT数が増加し、HIT数によってダメージが決定する
このスキルを強化する武器も多く、追撃や必殺技に発展する
必殺技発動する武器は、敵に大ダメージ&敵精神力減少の効果
各武器のスキルは武器1武器2オススメ装備等を参考に




役割

内政関連

武官は基本的に知力は無いので内政を殆どできない。
巡察 は知力は関係無く民忠を回復させることができ、武官の場合は武力経験値が得られる。
人間はそこそこ人望があるので施しの方が効果が大きいが武力経験値は得られないので緊急用に。
非戦時の具体的なコマンドは鍛え方を参考に

戦闘関連

戦争中の武官の役割は
  • 敵国都市の守備を剥がし、城壁を削ること
  • 自国の魔法兵や城壁を守ること

戦況や自キャラの特性に応じてコマンドを決めよう。
具体的なコマンド例は初心者指南を参考に
分からないときは国宛で質問することが一番の早道。




鍛え方

非戦争時の行動の参考に。
戦争で勝星を重ねるために武力や統率の能力値・階級(貢献)・資金力を高めよう。
戦闘が最も効率よく階級・能力値を稼ぐことができるが、非戦時の行動でも意外に差が付く。

非戦時おすすめコマンド
  • 巡察  武経験+1 貢献+15~
  • 城の守備 武経験+1 貢献+20
  • 前衛守備 統経験+1 貢献+40 食糧-500
  • 能力強化 経験+2~6? 金-1000 (能力合計300まで)
  • 兵士訓練 統経験+1 貢献+30(訓練最大時は20)
  • 登用   人経験+1 貢献+30(登用成功時に追加で+30)

基本的に上記コマンドをバランスを考えて入力していくと良い。
国の状況・武将タイプに応じて最適なバランスは変わってくる。
プレイヤーの個性が現れる部分でもある。




初心者指南

無難に使える武官の作り方を紹介するコーナー

初心者用キャラメイキング

種族:人間
性別:男性
成長:騎士の生まれ(階級+1000)
現在:敵を打ち倒す力(武力+10)
理想:自分を成長させる可能性(魔法鉱石開放値+1)
能力型:武力型
上記の選択が最も基本的且つ初心者には安定すると思われる。

キャラメイキングコーナーも参考にして欲しい。

非戦争時コマンド(平時)

巡察 :民忠が100未満ならコレ。民忠100でもごろつきとの戦闘イベントで武力経験値ボーナスが入るので能力的にお得。武力経験+1(ごろつきイベントで+α)&民忠100未満なら貢献+25、民忠100なら貢献+15
城の守備 :兵数10以上ないと不可。武力経験+1&貢献20
前衛守備 :特殊守備コマンドから。兵数10以上ないと不可。米-500(隣接都市への守備なら米-1500)&統率経験+1&貢献+40
能力強化 :金-1000&貢献0&選択した能力経験値+2~6

基本は巡察をしておけば大丈夫。資金に余裕があれば能力強化をしてみよう。欲しい武器や魔具があれば節約してお金を貯めておいたほうがいい。

鍛え方コーナーも参考にして欲しい。

戦争時コマンド

基本コマンド

徴兵 :都市の民忠と人口を消費して兵士数を増やす。兵士がいなければ戦争できない。1月・7月の頭には都市が民忠を基準に人口回復する。さらに民忠20以下だと反乱が起きて無所属化することがある。なので徴兵はできるだけ6・12月を避けて行おう。
訓練 :徴兵をしたら必ず訓練値を最大まで上げよう。兵科の防御力が上がる。首都では徴兵による訓練減少値が少ないため訓練が1回で済むことがある。
戦争 :いわゆる出兵コマンド。君主や上層から特に作戦コマンドの指定が無ければ作戦は通常攻撃でかまわない。

あとは前線都市への守備入れを忘れずに。武官より前には指揮官が守備を重ねて壁になってくれるはずだ。

ループの組み方

オフになるときは状況に応じて「出兵ループ」または「守備ループ」のコマンドを入力しよう。
出兵ループとは「徴兵→訓練→訓練→戦争」を繰り返すようなコマンドを行うこと。
守備を行う場合は上記ループコマンドの「戦争」を「城の守備」or「特殊守備」に変更する。
武官の場合兵士数が少ないので、全滅しない限り「徴兵→訓練→戦争」の3コマのループで大丈夫。全滅した場合は訓練を2回入れておかないと訓練値が最大にならない恐れがある。

使用兵科の選択

 序盤
歩兵 攻撃力○防御力△:侵攻時攻撃補正+2 防衛時守備補正+2
【攻城】(城壁戦時)6ターン毎に40程度の追加ダメージ
対槍属性 守備補正+2
弓兵 攻撃力◎防御力×:侵攻時攻撃補正+2
対飛行属性 守備補正+2
槍兵 攻撃力△防御力○:防衛時守備補正+2
対騎兵属性 守備補正+2

基本はこの三種類の中で上位の兵科を使おう。わからなければ徴兵コマンドを入れる時に表を見て 依存能力武力 の兵科の中で 必要技術 が上位の兵科を選べばOK。
地形・相性・国家の文化補正等で上下するので状況に応じた兵科選択しよう。
同じ属性なら上位兵科の方が基本的に強いが、必ずしも能力がコストに見合ってるわけではないので資金状況に応じてランクを下げることを考えた方が良い場合もある。

 中盤~終盤
中盤以降は種族により使用可能な兵科が大きく異なる。
兵科に合わせた運用がより重要になってくる。
詳細は下記のオススメ兵種やオススメ装備等を参照。


種族別育成例

人間武官育成例:聖剣士

育成難易度:中級者向け
セイクリットクルス(レプリカ)金65000 威力25を覚醒させ、
セイクリットクルス(覚醒)威力55を目指す。

①キャラメイキング

能力型:武力型(武力150 知力10 統率90 人望30)
種族:人間(人望+10)
性別:男性
成長:商人の生まれ(金&食料+5000)
現在:人心を掴む魅力(人望+15)
理想:人徳のある政務官(人望+5)

これで初期能力値は 武力150 知力10 統率90 人望60 となる。
現在で武力+10を犠牲にしているが、能力強化で補えるうえ、出兵して勝利すれば武力経験値が2以上入るので問題無い。
むしろ覚醒に必要な人望60以上というハードルを初期状態でクリアしているほうが育成が格段に楽になる。

②序盤

戦時:ひたすら出兵
平時:能力強化と巡察連打

異教や戦争屋国家に仕官し、ひたすら戦争を行う。または裕福そうな国家に仕官し、満額収入を得て能力強化に励む。
戦闘解除までは商人の生まれで得た米を売り、金ボーナスを使って武力の能力強化に励む。巡察でごろつきらと戦闘イベントが出れば武力経験値が増えるので城守備連打よりオトク。
階級が1上がると武力も1上がる。能力強化ができるのは武力・知力・統率の合計が300までなので、なるべく低階級のうちに能力強化をカンストさせておいたほうが、中盤以降で能力に差をつけられる。
極端な話、平時でもし米収入が要らないなら1~6月能力強化、7~12月巡察もアリ。

③中盤

セイクリッドクルス(レプリカ)の購入

能力合計が300を超え、能力強化が終わった頃が中盤。階級を犠牲にし、能力強化を行う育成のつわものは20年頃には余裕で300を超えている。
次の目標はセイクリッドクルス(レプリカ)の購入。精錬所設置都市でしか購入できないので精錬所の設置を君主に頼んでみよう。

④終盤

セイクリッドクルス(レプリカ)の覚醒

覚醒にはセイクリッドクルス(レプリカ)を所有した状態で以下のどちらかの条件を満たす必要がある。
1. ブラックレイ所有の敵との戦闘に勝利し、かつ戦闘中に聖剣覚醒イベントを起こす。
2. 無所属で行えるギルドの闘技場出場で9戦目に出てくる魔剣の少女『レイティア』に勝利する。

1 は偶然的要素が多すぎて実質不可能。
ブラックレイ所有ということは相手は必然的に魔族、なおかつ金450000を捻出する裕福さ、さらにこの条件を持ち合わせた人と戦闘し、戦闘中にイベントを起こさなければならない。
2 はほとんどの聖剣士がこちらのルートを選ぶ。
下野するか、滅亡して無所属に行ったとき、ギルドコマンドから闘技場出場を連打する。ここで9勝すれば必ず覚醒する。武力が200を超えたら闘技場に行ってみよう。




オススメ兵種

武官が使う兵種は 武力依存系 で、
武力依存の兵種は下記4種類となる。

歩兵系

最も基本的な兵科。
侵攻時は攻撃力、守備時は防御力に少し補正がかかるので扱いやすい。
兵科相性的には有利になれることがそれほど多くはないが、
相手が城壁守備隊のときは攻城攻撃スキルが入るために有利。

弓兵系

攻撃向きな兵科。
守備はあまり得意ではないので、この兵科を使うときは侵攻に回りたい。
侵攻する分には相性的に不利な相手はいない上、飛行系には良く効く。
弓系の武器を持った場合に特殊スキルが発動するらしい。

槍兵系

守備向きな兵科。
侵攻はあまり得意ではないので、この兵科を使うときにはできるだけ守備に回ろう。
侵攻して来る騎兵に対しては槍衾で迎撃できるので、有利に戦える。

機兵系

人間武官系最強の兵科。
侵攻でも守備でも十分に戦えるが、攻撃力が高いことから侵攻向き。
アームセットを持ったり、精霊機兵になればさらに強い。

その他の使える兵種

  • 賊兵
人望49以下、またはアサシンナイフ所持で徴兵可能。
歩兵同様に安価だが、やや能力が低い。
城壁攻撃時に専用スキル【略奪】が使えるので、それなりに使える。
序盤で魔法攻撃のままならないようなときには頼りにできるだろう。
  • 蛮族兵
辺境でのみ徴兵可能。
値段の割りに能力が高い。
序盤や、資金がない場合などには結構使える。
獣人は戦闘補正をもらえる。
  • 白骨騎士
魔族でのみ徴兵可能。(魔具・特殊地形を除く)
スキル【魔霊鏡】によりうまく行けば高い能力を発揮する。
  • 冥王の使徒
魔族のみで徴兵可能。
兵数が少ないほど能力が強化される【魔霊鏡】スキルを持つ。
カースブラッドの闇属性回復スキルとの相性が良い。
魔族武官の兵科はこれで決まりだろう。
  • 神竜兵
君主であるか、カレドウィフ所持で徴兵可能。
獣人やエルフ(魔族はカレドウィフは所持不可)で機械鎧兵の代わりに。
魔族でも武官君主が守備したくなったら使えるか?
TOPへ



オススメ装備

鉱石や探索で入手できるものは除外し、商店で購入できる装備のみ記載。
自分の財布と相談しながら適した装備を購入しよう。

  • ベアボウ
値段が安いので序盤から使える。鉱石進化を繰り返すことでクロスシューターに進化する。エルフの【一斉射撃】スキルを強化することができるので弓兵系との相性が良い。エルフ武官の定番武器。

  • ソード
価格が安く初期に手に入るのに加え、ツヴァイハンダー→フランシュヴァートと比較的簡単に強力な武器に進化する。

  • グレートアックス
中盤、進行が早ければ終盤辺りで買い換えるのが オススメ
中堅クラスの武器として 十分な性能
魔族以外では鉱石進化で ブリッツベルテ に進化する。攻撃力上昇スキルが強力で終盤まで十分通用する。
魔族の場合は連撃強化付きで威力+40もあるデーモンアックスにできる。デーモンアックス自体は最後まで使用するに足る能力を持ってはいる。が、魔族武官の武器はカースブラッドで鉄板の為、武官ギルド的にはおススメ武器とはいえなくなってしまったか。
上位クラスへの「繋ぎ」とするならば、 買ってあまり損は無い武器 だろう。

  • ロイヤルソード
魔族以外は鉱石進化で カレドウィフ に進化する。カレドウィフは神竜兵徴兵能力と自軍の攻防上昇スキルを持つ。獣人武官の定番武器。
魔族の場合は カースブラッド に進化する。戦闘開始時に闇属性兵科を回復するスキルを持ち、白骨騎兵や冥王の使途の【魔霊鏡】スキルとの相性が良い。魔族武官の定番武器と言えるだろう。

  • セイクリッドクルス
人間で人望60以上であればブラックレイを所持した相手と戦闘してイベントを発生させるか、ギルド:闘技場出場で9戦目の魔剣の少女『レイティア』に勝つことで大幅にパワーアップ。覚醒後は最高クラスの威力に連撃強化、対魔スキル、自軍強化スキルを持つ。武官ではキャラメイキング時に武力を犠牲にして人望を高めないと難しいが、狙う価値は十分にある。鉱石を使わずに強力な武器を得られるのもポイント。闘技場での進化を狙う場合はある程度時間が掛ってしまうことは覚悟しなければならない。

  • スターウィップ
店売りの中では2番目の威力の武器。スターウィップのままだと少々物足りないが、鉱石進化で シルバーチェイン に進化させることができる。シルバーチェインは最高クラスの威力と連撃強化スキルを持ち、派手さは無いが安定して強力。安くは無い武器なので財布の中身と相談して決めよう。




武官ギルド寄り合い所

Q&Aや戦法会議、ギルド編集に使ってください。
  • 大まかに作ってこんなところ、
    解説は全部できてないし、もう少し項目増やしたいし、
    説明文ざっと考えたのそのままだし、
    とりあえず意見求む。 -- (グリム) 2005-11-01 15:41:25
  • 魔族のところ(冥王の使徒関係)を若干改定しました。
    突込みがあれば新たに改定をお願いします。 -- (SB15) 2006-09-12 17:23:07
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る