基本


国の基礎を担う能力型である。
兎角、文官が居ないと給料も碌に出ない国になってしまうので
居なければならない能力型とも言えるだろう。

文官の魅力的な所は能力や貢献値を他の能力型よりも気にしなくていいところにある。
終盤にでも魔法は城壁に当てるなら精霊使いや魔導兵でもそれなりに効果はある上、
内政を行う時にしろ初期能力値であろうと他の能力型よりも全然効果がある。
諜報や破壊工作、街道封鎖といった謀略が得意な点も魅力的である。

中々ON出来ない人でもそこそこ活躍出来、ONできるならば魔法攻撃が生きる、
様々なプレイスタイルで楽しみ方の変わる能力型であると言えよう。

登録時の選択

能力型

いわゆる【文官】となるには「知力型」を選択することがほぼ必須。
また、「知力統率型」から知力を上げる事で【文官】になることも困難ではない。

また、文官としての動きを考えれば、「知力統率型・統率知力型」を選択した場合も、文官に準じた働きができると言えるだろう。

基本的には知力の高い「知力型」を選択するのが無難だが、慣れた人ならそれ以外を選択するのも十分に有り、柔軟性は高い。

成長

「魔術の家の生まれ」で魔具のRankを上げたり、
「騎士の家の生まれ」で魔法兵を早めに雇えるようにしたりと

成長については好み等、自由に決めてしまってもいいと思う。

現在

「国家を発展させる知恵」で知力を上げるのが一般的か。
早く魔法兵を使いたいことを考えると、「民を従える高い名声」を選択する方がいいのかもしれない。

思想

「忠実な近衛騎士」で初期から魔導兵を持つのも悪くない
招喚士を目指すなら「自分を成長させる可能性」で鉱石解放値をプラスするのもいいだろう。

ステータス配分

タイプ 武力 知力 統率力 備考
知力集中 10 150 90 内政や魔法主体なら知力型一択、
直接戦闘を想定するなら統率・知力型も選択肢に入ってくる。

役割


  • 内政関連
文官の基本的な役割である。
給料をあげるための内政(農業開発、商業発展)。
国を守るための城壁修復(城壁強化、城壁耐久力強化)。
より強力な兵科を雇うための技術開発。
どれも文官が一番力を発揮できる場である。

戦争が迫ってない時は1-6月農業開発・7-12月商業開発。
戦争が迫ってる時は城壁強化&城壁耐久力強化、または技術開発が基本。
都市拡張は内政最大値を引き上げるとともに、貢献値の面でも優れている。
また、文官の巡察は都市の内政値の最大値をあげる効果もあるので、
平時にやることが無くなったらやってみよう。

  • 戦闘関連
戦争中は破壊工作で相手国の城壁耐久値を減らしたり、
魔法攻撃を城壁に当てたりと基本的に戦闘官の補佐が文官の役割になる。魔法攻撃は要塞攻略に必要不可欠、文官の腕の見せ所だ。

文官向きの兵種としては魔導系兵種が存在する。
魔法攻撃能力を持つため、基本的にコストがかかる上に肉弾戦能力は低め。(魔法攻撃が守備必須になってから若干改善されたようだが)
魔法を撃つのならば、拠点に早い段階で守備しておくのがいいだろう。

招喚兵、獣人の光霊系、魔族の傀儡鎧兵&混沌竜は肉弾戦もこなせる。
ただしコストパフォーマンスに劣ったり入手に時間がかかったりするため武官ほどの使い勝手は期待できない。

性別

  • 人間
序盤に魔導兵を、終盤に魔導砲兵が使えるようになる。
どちらも魔法攻撃に向いており、砲兵の魔法は非常に強いので階級を上げていこう。
人望も低くはないので、戦闘中は米撒きに回るのも悪くない。
肉弾戦には向いていない。
最強魔法攻撃兵種は魔導巨兵(武力依存の精霊機兵、人望依存のムコ娘は除く)魔導巨兵は練成術により魔導砲兵を進化させることで使用できる。ただし錬成は時間が掛かり運も必要。魔導砲兵でも十分すぎる魔力が出せるので考えどころ。

  • 獣人
階級で使えるようになる兵種は霊術兵で、他の下級魔導系兵種に比べると魔法攻撃に劣る代わりに肉弾戦能力が向上している。
異教文化の場合呪術師で攻撃補正が得られる。
中盤以降は階級条件の兵種に恵まれない。
光霊、招喚兵、傀儡鎧兵などの知力依存兵科を扱える魔具を入手したい。
実際のところ、かなりの上級者向けタイプである。
最強魔法攻撃兵種は光翼姫(人望依存のムコ娘は除く)

○○レーグラ系の魔具を入手できれば光霊を雇えるようになる。戦闘開始時に霊獣に変化し,直接戦闘でそれなりに力を発揮する。コスパは非常に優秀。文官用兵科だが、魔法攻撃能力は持たない。
獣人用スキルは武力依存・精霊樹の杖入手不可のため招喚兵の扱いはエルフに劣る。

  • エルフ
序盤に徴兵可能になる精霊使いは魔法攻撃能力が高く、
中盤から徴兵できる魔弓兵では文官ながら肉弾戦が出来る。
終盤は精霊弓兵が雇えるようになる。文官が使う場合は魔法攻撃に向いている。
また、招喚兵で戦う方法もある。(今はこっちが主流か?)
招喚用魔具が手に入るようなら狙ってみても良いだろう。

最強魔法攻撃兵種は光翼姫(人望依存のムコ娘は除く)

  • 魔族
序盤用兵科の邪教徒は解禁タイミングが遅い。
終盤には傀儡鎧兵、混沌竜が使えるのでそれなりに戦えるようになる。
ただし、やはり所詮は文官。肉弾戦において過信するのは禁物。

階級条件が厳しい大器晩成タイプなので、階級値を稼ぐ必要がある。

最強魔法攻撃兵種は混沌竜



鍛え方

通常内政を基本にして、余裕があれば能力強化を織り交ぜていこう。
内政が完了したら都市拡張で貢献を確保しながら能力強化、
それも終われば休暇や、専用魔具を手に入れて招喚するといいだろう。

固有スキル

魔導術式

守備時の肉弾戦で発動するスキル。
2回の詠唱を経たのちに、なんらかの魔法効果が発動する。
基本は追加ダメージの攻撃魔法で、魔具により内容が変化するようだ。




オススメ兵種

基本的に文官が使う兵種は 知力依存系 であるが、
その他使えそうな兵種もここで解説する。

魔導系

  • 魔導兵・精霊使い
序盤から終盤まで使える文官の基本兵種である。
魔導兵は肉弾能力が若干高いのに対して、精霊使いは魔法攻撃能力が若干高い。
魔導兵なら、序盤のうちは守備でも少しは活躍出来る。
注意しなければならないのは意外にコストが高いことである。
そのため、守備の先頭に立ってばかりいるとすぐお金が減っていってしまう。

  • 霊術兵
獣人文官の基本兵種にして最上級兵種。
肉弾能力が魔導兵などより高めな代わりに魔法攻撃力が低い。
序盤から使えるのだが、終盤ではやや物足りないだろう。

  • 邪教徒
魔族文官の基本兵種にあたる。
他種族の魔法兵より解禁が遅いが魔法攻撃力には大きな差はない。

  • 魔導砲兵
上記兵種よりさらに魔法攻撃に特化した兵種。人間族専用となっている。
魔法攻撃に弱い兵種相手なら魔法攻撃を当ててもそれなりに効果が出る。
上記の兵種同様にコストは高い。肉弾戦もそこそここなすが割りに合わない

闇属性系

  • 傀儡鎧兵
性別を魔族にするか、ネクロクラフトを持っているなら終盤雇える兵種。
文官で肉弾戦が可能(守備向き)な兵種であるが、
それでも戦闘官が万全の状態で攻めてきたら勝つのは難しい…。
城壁相手なら高い防御力を生かして活躍できるだろう。
魔族でフォトングレイブを入手できれば攻撃力の低さをカバーできる。

  • 混沌竜
性別を魔族にした場合のみ徴兵可能。
極端に高い階級値が必要で、値段と能力も極端に高い。
魔族文官の場合はぜひとも狙っていきたい。
肉弾戦もできるが、魔法攻撃力が高いので魔法を連発したい。

その他

  • 魔弓兵
エルフで徴兵可能な兵種。
攻撃力が武力+知力依存のため、文官でもそこそこ攻撃力が出る。
魔法攻撃は精霊使いに劣る(?)ので、一斉攻撃のときなどに使うと良いのではないだろうか。

  • 精霊弓兵
エルフで徴兵可能な兵種。
エルフ武官最強兵科でありながら文官の魔法兵としても活躍する。

  • 呪術師
辺境でのみ徴兵可能な兵種。
魔導系の中では安価で、初期から魔法攻撃できるのが強み。
能力は高くないが、辺境での守備ならそこそこ強い。
獣人なら適性補正を得られる。

  • 招喚兵
招喚術で呼び出すことができる兵科。
全5種類の兵は文官向きのものも多い。
招喚用魔具がある場合には狙っても良い。

  • 魔獣兵
魔獣の山の術兵練兵所か魔具:ソーサリーケープで徴兵できるようになる兵科。
知力依存の兵科となっているようでそこそこの強さ。

  • 歩兵系
しっかりと訓練をした上でなら、対城壁で稼ぐことも可能。
魔法が使えない序盤、あるいは状況下に限定されるが。

  • 重装歩兵・重装騎兵(・近衛歩兵)
統率配分を大きくした場合、これらの兵種で拠点守備をすれば、
序盤は そこそこ活躍が可能。
ただし気をつけてほしい欲しいのは、返り討ちが出来る程強いわけでなく、
ターン切れで粘って勝利するぐらいしか出来ない所である。
手っ取り早く貢献を稼ぎたい場合や、内政や謀略に集中したい時に
守備の最終ラインとして使うぐらいだろうか。

  • 魔導巨兵
練成術によって魔導砲兵から兵種を変化する事が可能。
時間が掛かるため戦争中に進化を狙うのは難しい。
魔導砲兵を越える魔法攻撃力を誇る。補正も部隊(役職)・文化と完備。

  • 滅却竜
人間女性で聖竜のティアラを入手することで徴兵できるようになる。高い防御力と凶悪なスキルを持ち、防衛戦中心となるが強力である。しかしティアラの進化元のホワイトエンブレムが非常に高価であることを考えると効率はあまりよくないのかもしれない。
どちらかといえば指揮官向きの兵科。

  • 光霊
獣人専用のレーグラ系魔具を入手することで徴兵可能になる。
魔具の進化段階と階級条件によって3種類の霊獣に変化する。
最終変化の黄金鷲はなかなか強力で文官用兵科ながら肉弾戦で力を発揮する。
魔法攻撃力がないのが玉にキズ。




オススメ装備

魔法攻撃を強化をする魔具を中心に紹介する。

スペルリアライザー

魔法攻撃を強化 する魔具である。
これを持てば、対武将への魔法攻撃もそこそこの効果をあげられる。
値段が高いのに加え、「マジックワンド⇒ヘヴンズ・キー」と
進化をさせた方が効率がいい。
魔族はこれでガマン。

ヘヴンズ・キー

魔法攻撃を強化 する魔具である。
鉱石開放によってマジックワンドから変化する。
これで対武将でも望む結果が残せるのではなかろうか。
城壁相手だったら効果は絶大であろう。

ホワイトエンブレム

内政効果を大幅に強化 する魔具。
現在、徴兵能力と練成・招喚補正はなくなったが
文官ならば一度は持ってみたい魔具No1。
しかし、凄まじく高額(値段:400000)な上にこれが買える様になる終盤は、
内政がそこまで重要視されないため宝の持ち腐れになる可能性も考えられる…。

ネクロクラフト

魔族以外でも白骨騎士と 傀儡鎧兵 を徴兵可能にする魔具。
また、傀儡鎧兵で兵数全快スキル【傀儡の躯】を使用可能にする。ただし文官の場合は発動前に戦闘終了してしまうことが多い。
傀儡鎧兵は文官で肉弾戦をするには優秀な兵種なので、
他の兵種が物足りない場合には使ってみたい。
ただし鉱石進化が必要で、元になる魔水晶のオーブも高価なのでハードルは高い。

フォトングレイブ

戦闘開始時に知力に応じて攻撃力を上昇させる。文官で直接戦闘する場合は持っておきたい。
魔族文官にお勧め。

精霊樹の杖

エルフ専用の招喚用魔具。マジカルロッドから鉱石進化で入手できる。招喚補正が一番高く、招喚兵を使いたい人には一押しである。

スターウィップ

高額・高威力な店売り武器。
直接戦闘する機会があり、且つ資金に大きな余裕がある場合にオススメ。

クロスシューター

戦闘開始時だけでなく、魔法攻撃、魔法防御のときに発動するスキルを持つ。
武器スキルで魔法攻撃が強化される物はほとんど存在しないため、文官全般にオススメ。
エルフ文官で魔弓兵を使っていく場合には特にオススメだ。
魔法攻撃を多めに使っていけば十分狙っていける。
武器威力も十分高いので、招喚兵で戦う場合でも使える武器の部類に入るだろう。
但し、いずれにしても知力依存兵を使うことが多いため、魔具を揃える事を優先すべきではある。

デーモンアックス

魔族文官で戦闘して行きたいときにオススメな武器。
威力の高さと、スキル【魔獣化】の発生がポイント。
仕様変更で若干使いづらくなったか。
TOPへ



文官ギルド寄り合い所

Q&Aや戦法会議、ギルド編集に使ってください。
  • ここに書いていいかわからないですけど、魔法攻撃で都市を攻略すると、普通の攻略貢献の他に城壁耐久力減少による貢献ボーナスももらえてお得なようです・・・。 -- (oka) 2005-11-24 03:24:26
  • 解説ページにしては文章が非常に読みづらかったので、
    勝手ながら句読点と語尾の編集を行いました。 -- (sb15) 2006-02-24 16:49:37
  • 若干更新、だよヾ(*´д`*)ゞ -- (マクビ) 2006-03-08 13:22:31
  • 知力182、補正職無し、重商文化Lv2。相手国、異教文化Lv1。双方ともに施設無し。
    ●6月:破壊工作は失敗しました。(31日13時53分)
    ●6月:破壊工作を行います。 成功率:35%(31日13時53分) -- (K) 2017-07-31 13:59:18
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る