内政とは

人口

国家収益に影響。徴兵に必要。毎1月と7月に変動。
人口の最大値は地形によって異なる。

民忠

徴兵に必要。人口変動に影響。1,7月に50未満で人口減少、50以上で人口増加。高いほど人口増加幅が大きく、100の場合に限り増加分にボーナスあり。基本的に徴兵数の1/10が徴兵時に減る。
20以下(税率10%時)で反乱が起きることがあり、その時に城壁値が低いと無所属化する。
城壁守備隊の訓練値に影響。

農業

武将の食糧収入に影響。
米売買取引量に影響、最大取引量は2500+(農業×5)

商業

国庫金と武将の給与に影響。

技術

徴兵可能兵種に影響。
若干だが城壁守備隊の能力に影響。

城壁

城壁守備隊の人数に影響。

城壁耐久力

城壁守備隊の強さや兵種に影響。
基本的には1200、800、400で変化。

基本コマンド

  • 農業開発
  • 商業開発
  • 技術開発
  • 城壁強化
  • 城壁耐久力強化
  • 施し(茜色の腕輪で効果上昇)
  • 巡察
君主、またはホワイトエンブレム持ちには、ほとんどの内政コマンドに効果上昇のボーナスがつく。

内政限界値

初期最大値

  • 辺境
人口75000、城壁200、農業100、商業100
  • 水域
人口50000、城壁150、農業200、商業200
  • 平原
人口95000、城壁200、農業200、商業500
  • 森林
人口90000、城壁300、農業400、商業200
  • 山岳
人口85000、城壁500、農業300、商業200
人口120000、城壁1500、農業500、商業500
人口150000、城壁1000、農業1000、商業1000
  • 要塞
人口180000、城壁2000、農業1500、商業1500

拡張限界値

辺境:500、水域:400、平原:600、森林:650、山岳:700
街:1200、砦:1650、要塞:2100
水上都市:1500、聖域神殿:1200、冥界の扉:2000
水上要塞:6000、古代遺跡:4000、浮遊城:9250
精霊樹の森:1200、魔鉱都市:1200

内政最大値上昇コマンド

都市拡張

都市の城壁最大値を上昇させる。
その際拡張限界値までしか上がらない。
城壁を拡張するとき、農業、商業最大値も上昇する。
フォレストオーブ、シルフィオーブを持つとき、拡張限界値+200まで拡張できる。

巡察

文官の巡察が実行されたとき(民忠100でも可)追加イベントが発生することがある。
農業+5、商業+5、城壁+10などがイベントで上昇する。

休暇

文官の休暇では内政最大値が上昇するイベントが発生することがある。
農業+10、商業+10、城壁+10、+20、農商壁+5などのイベントがある。

錬成術

ランダムであるが能力や都市の内政の限界値が上昇することがある。

都市改修

都市改修は都市の地形を上位の地形に変更する。
変更すると都市の内政値が上がったり、都市拡張の限界値があがったりする。
地形がランクアップすると人口の最大値も上昇するので徴兵地には重要なコマンド。
都市によってはレア地形が出現するものがある。

  • 森林・山岳→砦
  • 平原・辺境→街
  • 砦・街→要塞
  • 水域→水郷文化支配下で水上都市
  • 冥王の山岳→冥界の扉(魔獣兵、不死騎兵、冥界の王を雇用可能に)
  • 封印の鉱脈→魔鉱都市(施設なくても精錬所と魔工所の効果)
  • 神降りの山→古代遺跡
  • 古代遺跡→浮遊城(防衛時に城壁が敵を砲撃)
  • 湖竜の砦→水上要塞
  • 聖域の森→聖域神殿(防衛時に10ターンで戦闘が終了)
  • 千年樹の森→精霊樹の森(招喚術進行度に補正+5、幻獣・精霊属性強化)


施設

1都市に1つに限って施設を設置できる。
施設は穀倉、市場、採鉱所、精錬所、魔工所
特定都市に特定の練兵所

穀倉

農業最大値150上昇
食料売買の手数料が無料になる。食料の取引可能量が25%上昇
設置費用:5000G

市場

商業最大値150上昇
取引で貴重品が購入できる(コマンド消費なし)
設置費用:8000G

採鉱所

城壁守備隊の防御力上昇
設置費用:15000G

精錬所

商店に高級な武器が並ぶようになる
設置費用:20000G

魔工所

商店に高級な魔具が並ぶようになる
設置費用:25000G

大穀倉

農業最大値500上昇
食料売買の手数料が無料になる。食料の取引可能量が40%上昇
放牧文化Lv2で設置可能。
設置費用:10000G

歩兵練兵所

槍兵練兵所

騎兵練兵所

術兵練兵所(霊鳥の森)

階級Lv10、技術1400で不死鳥が徴兵可能になる。

術兵練兵所(白霧の森)

階級Lv8、技術1200で白霧狐が徴兵可能になる。

術兵練兵所(岩人の山岳)

階級Lv4、技術0で巨石兵が徴兵可能になる。
設置費用:35000G

術兵練兵所(聖域の森)

階級Lv8、技術800で光術兵が徴兵可能になる(魔族以外)

拠点

1都市に1つに限って拠点を設置出来る。
国庫金を消費する。
軍事拠点には索敵、補給、攻撃、防衛、がある。

索敵拠点

敵の諜報、破壊工作、街道封鎖、扇動を20%の確率で失敗させる。
戦争では敵の作戦を15%の確率で妨害する。
設置費用:15000G

補給拠点

設置している都市で1・7月を終えれば兵の補給を受けることができる。
設置費用:20000G

防衛拠点

この拠点がある都市で守備を行った部隊に防御力が加算される。
防御補正+1。城壁守備隊にも適用される。
設置費用:30000G

攻撃拠点

この拠点がある都市から侵攻を行った部隊に攻撃力の補整が加算される。攻撃補正+1。
設置費用:35000G

傭兵

1年に1回傭兵を雇う事ができる。1都市には1部隊まで設置可能。
  • 歩兵 
  雇用金1000G
  • 蛮族兵
  雇用金1000G 異教文化で雇用可能。
  • 長弓兵
  雇用金2000G 水郷文化で雇用可能。
  • 魔導兵
  魔術文化で雇用可能。
  • 軽騎兵
  放牧文化で雇用可能。
  • 聖剣の騎士『アレン』
  湖竜の水塞で雇用可能。
  • 魔剣使い『レイティア』
  雇用金30000G 冥界の扉で雇用可能。
  • 機甲天使『シェリア』
  浮遊城で雇用可能。
  • 神槍の天馬騎士『リファ』
  聖域神殿で雇用可能。

国庫金

都市改修、拠点/施設の設置や撤去、傭兵雇用、宣戦布告、など国事行為のためのお金。
毎年1月に税収の1割の額が国庫金にチャージされる。
国庫金の出し入れは出来ない。

必要金額

都市改修:200000、宣言:2000(自費)
防衛拠点:30000、攻撃拠点:25000、補給拠点:20000、索敵拠点:15000
拠点撤去:5000
穀倉:5000、市場:8000、採鉱場:15000、精錬所:20000、魔工所:25000、
術兵練兵所:35000、施設撤収:3000
歩兵:1000、蛮族兵1000、長槍兵:1500、軽騎兵3000