大子合宿2010

2010/3/21(土)、22(日)(於 東京理科大学大子研修センター弓道場)



初日


7時半に取手GSスポーツセンターに集合、10時頃大子町到着。
到着予定12時に対して、大変早かったため、役員さんの粋な計らい(サプライズ?)もあり、
袋田の滝を見学。中には、昭和10年以来(!)の方もいて、楽しく見学させていただきました。

12時に、宿泊先の「リバーサイド奥久慈 福寿荘」にて昼食。
14時頃に大子研修センター弓道場にて、堀江先生とご挨拶。
合宿稽古開始です。
矢渡しは、射手 新井錬士、第一介添え 和泉五段、第二介添え 鮎澤五段
その後、全員による一手礼射、教士の先生方による一つ的射礼。

16時頃休憩、このとき本日購入した大子町のお団子が振る舞われ、
また、堀江先生から、大子冬の名物である久慈川のシガ(氷河と書く)が出来るまでを
ご教授していただきました。
久慈川が浅瀬が続く川であること、気温、水温などの絶妙なバランスで出来るとのこと。
自然は、すばらしいですね。
その後、17時頃まで、立射で射技研修を行いました。

夕食時に「シガ」に見立てたお酒「シガ酒」があり、みなさんおいしそうに飲まれていました。
また、カラオケや各自の持ちネタが披露されるなど、いつもの如く盛り上がっていました。
21時にお開きとなりましたが、すぐに211号室にて昼間撮影したビデオを見ながらの
射技研究と称する2次会が行われました。


2日目


朝8時に朝食、「リバーサイド奥久慈 福寿荘」前で記念撮影。その後9時に道場へ集合。

一手一回、四矢二回の計10射による競射で、1チーム3名の団体戦と個人戦が行われました。
 団体優勝 塩屋、飯島、堀江チーム
 個人優勝 塩屋錬士
個人戦は、明間先生と塩屋先生の射詰競射が行われ、塩屋先生が競り勝ちました。
参加の各メンバーから寄付された賞品を優勝者から好きなものを持って行きますが、
やはりお酒が先に持って行かれました。
参加者 全員に賞品が行き渡り、みなさん楽しそうでした。

休憩をはさみ、最近五段に昇格された鮎澤さんの五段昇格祝射会が行われました。
全員による祝射、その後、鮎澤五段、堀江先生、塩屋先生の3名による答礼射が行われました。


昼食は、これまた大子町名物の軍鶏をつかった「しゃも弁当」でした。
肉質も味もほどよく、ご飯が多くても、みなさんしっかり食べきっておられましたね。

お世話になった堀江先生に、お礼を述べ、14時、帰途につきました。

お土産屋さんとして、「道の駅 奥久慈だいご」と「こんにゃく関所/ゆば壱」に寄りました。
特に「こんにゃく関所/ゆば壱」では、試食に食べた生湯葉がとてもおいしく、皆さん家族の
ために購入されていました。

大子町合宿、あっという間に終わってしまいましたが、皆さんとても楽しまれた様子。
取手市支部の各メンバーの絆もさらに固くなったように思われます。
堀江先生、大変ありがとうございました。
また、役員の皆様、お疲れさまでした。