小ネタ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

小ネタ

飛行・操作等

  • R1+R2(強)でフリーダイブ(急降下)ができる
    チュートリアルにはない操作なので意外と気付き難い。#01ではなぜか使用できない
  • ブースト中は高度制限リミッターをある程度無視できるため(+150m程度まで)
    高度制限ギリギリの峰であれば、上昇気流を使わない根性越えもできないこともない
    ただし、高度制限以上の山に誤って乗ってしまった場合はほぼ死亡確定なので注意
  • キャンプから飛び立つ方向は、キャンプ地で向いている方向と同じ
    また、上下を向きながら離陸すると初期高度が変わる
  • 竜に追われている状態では、緩やかな下り坂スレスレを飛ぶと攻撃されにくい
    (竜は自機の真後ろに陣取ろうとするので、そこに地形があると追跡できなくなるため)
  • 風向き表示のインジケーター
    赤い線で囲われると、上昇気流に乗っている状態
    青い線で囲われると、下降気流を受けている状態
    (下降気流は夜間晴天時などに稀に発生。放射冷却?)
  • レーダーは真正面を二次元的に表示してる(視点が真上にあるレーダーではない)
    鳥が自分から見て上下左右どこにいるのか表示されるだけなので注意が必要

体力・満腹度・食料等

  • 島を渡る時、満腹度・体力は全回復する(一部例外あり・規定以上の体力は必要)
  • 島を渡る際の食料は、毒のある食べ物でも可(選択できる場合は腐っていても可?)
  • 毒性の食べ物の見分け方
    毒かどうかを見分ける最も確実な方法は、一度鳥に食べさせてみること。
    「一口ついばんだがすぐに吐き出した」と表示されるのが有毒。
    加工した食料を鳥が食べることは基本的にないが、有毒かどうかはこのメッセージで判別できる
  • 体力を急いで回復したい時は満腹でもドカ食いするといい
    逆に、たとえ有毒のものを食べても、他の普通の食料をたくさん一緒に食べていれば毒のダメージを相殺して回復できる
  • いくつかのステージでは、楽に食料を取得できるフラグが用意されている。
 例1 ペリカンに似た鳥を仲間にした場合、海面や内水の上空50m以下を飛行しながら特殊声を発すると、大量の魚を取ってくれる。(事前にムービー発生)
 例2 インコに似た鳥を仲間にした場合、林間にあるキャンプ地では大量の果物を見つけてくれる。

バグ

  • 鳥は山脈などの地形に左右されず、すり抜けて飛行する
  • キャンプ地に着陸するとき、まれにフリーズする場合がある
    多くの鳥(数十羽)を連れて場合に起こることが多い
    ※これはおそらく羽数でなく群れ数によるものと思われる
  • クエストはストーリーの流れに沿ってクリアしていった方が無難。
    無視して先に進もうとしたり、無理に戻ろうとしたりすると
    なぜかクエスト発生のフラグが立たずにそこで詰む場合がある(特に2周目以降に要注意)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。