|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

Dominions Phase4b-02


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「フレイ・・・フレイ・アルスター!」
その言葉で、フレイの思考は中断される。かけられた声には聞き覚えがあった。
懐かしい・・・声。
「み・・・ミリィ?ミリアリア・ハウ?」

「・・・久しぶり。買い物?」
「え、ええ。ミリィ、元気・・そうね。」
ぎこちない挨拶をかわす。アラスカで別れ、敵対する艦にお互い乗って相対し、
そしてそれなりに長い時がたった。

昔の友人にどう言葉をかけていいのか・・・フレイは戸惑う。
ミリアリア達、カレッジの友人達とも話したいことはたくさんあった。
だけど・・・いざとなると何から話していいのか、分からない。

「少し時間ないかしら?実はちょっと取材を申し込みたいんだけど・・・。」
「取材?」
ミリアリアの意外な言葉にフレイは驚く。

「私、今ジャーナリストやってるの。で、<Dominions>社に取材申し込んだんだけど、
まったく取り合ってくれなくて。だけど、アナタがいることが偶然分かったの。
あなたからなら、ひょっとして・・・と思って。」
「・・・そうだったの。」

成る程、考えてみればバッタリ出会うなどというのはありえないことだ。
フレイは、少し気持ちが冷めていくのを感じた。
だが、昔の友人は友人である。

「答えられる範囲内なら、いいわ。けど、私が知ってることって少ないと思うけど。
それでもいいなら。」
「ありがとう。じゃあ、場所移しましょうか。」
ミリアリアが言い、フレイは頷いた。
メニュー


ネタ

SS


■ 単発ネタ


更新履歴

取得中です。