|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

Dominions Phase4d


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<Dominions Phase4d-01>

「・・・若いな・・女までいるぞ。」
「指揮官まで女か。」
「あれが本当に噂の・・・」
最早慣れてしまった、初対面時に浴びせられる陰口のような言葉や視線を、
どこふく風とばかりに聞き流し、6人とナタル、フレイはレジスタンスのアジトの一つであるビルの一室にいた。

窓には目張りがしてあり、電気も薄暗く陰気な雰囲気である。
その上表にでられない、常に警戒心を持っていなければならない組織の性か
陰気な上にそんなピリピリした雰囲気が漂っていた。
そして、傭兵という金で転ぶ、信用のおけない職業の代名詞である、彼等に対する
レジンスタンス構成員達の目は警戒心に満ちている。

こういう雰囲気は6人にはともかく、フレイには少しきついだろうか?
とナタルは少し心配になりフレイの方に目をやった。

本来彼女は連れてくる必要がなかったのだが、彼女の美貌は年とともに、
益々磨きがかかっている。 万が一ということもあるため、彼女が重要人物であると、
アピールしておくために連れてきたのだ。
だが、フレイは多少緊張はしているがしっかりとした目で前を見ている。
ナタルはそれに少し驚く。

(逞しくなってきたと思ってはいたが・・・。)
だがその一方で、最近フレイは少し頑張りすぎというか、
少し張り詰めたものを感じるのが、気がかりではあった。
軍に身を置いていたとき、訓練規定の射撃訓練をさぼるようなことこそなかったが、
それほど熱心ではなかったと記憶している。

だが、最近毎日積極的に訓練をしていると、スティング達が多少驚いていた。
どうも、オルガに射撃のコツを聞いたりもしているらしい。
フレイの様子が変わったのは、コーカサスに来る前、物資輸送の仕事が終わった時、
くらいだっただろうか?
とにかく折を見て一度話してみるか、などとナタルは考えるのだった。

<Dominions Phase4d-02>

そのまま待つこと数分、一人の男が入ってきた。茶色い髪のいかつい男である。
「俺が、この<コーカサス解放軍>のリーダー、スマード・アルメタだ。
あんたらかい、DO・・・」
「その通りだ。そして契約内容を今一度思い出していただきたい。」

ナタルがなぜか言葉をさえぎり、その無礼ともいえる行為に一瞬部屋の雰囲気が、
凍りつく。だが、6人はまったくのポーカーフェイスを貫いていた。
そして見るものが見れば、彼等がいつでも立ち上がれるように、
重心を変えたのがわかっただろう。 こういう時の彼等はいつもとは別人であった。
スマードは、落ち着けというようなジェスチャーで、その場にいる人間を落ち着かせ、ナタルに向き直る。

「悪かったな。で、あんた等にはこれから色々やってもらうことになるが・・・。
 まずは、感謝を。料金を大分まけてくれたみたいだからな。」
「感謝には及ばない。我々は我々なりにあなた方の目的には共感を持っている。
 割引分は、援助する姿勢の表れと思っていただいて結構だ。」
「ほう・・・それは有難いな。」
スマードはそういって笑みを浮かべた。
だが、その視線は鋭くナタルを見つめたままであった。

<Dominions Phase4d-03>

「――――ではそういうことで。」
「ああ。よろしく頼む。」
その後、いくつか細かい点を確認し合い、話は終わった。
ナタル達が立ち上がり部屋から出ようとした時、スマードが声をかけてきた。

「ああ、少し待ってくれ。あんた等に紹介しときたいやつがいるんだ。」
「誰です?」
「俺達のMS部隊の隊長をやっててな。まあ、MSの数は多くないし、旧式だが、
そいつの強さだけは保証するぜ?」
どこか誇らしげにスマードは言い、スティング達の顔にわずかに興味の色が宿る。
やはりMS乗りとしては、どんなヤツか気になる所だ。

「おい、呼んできてくれ。」
スマードのその言葉で、一人の男が出て行き、一人の男を伴って戻ってきた。
若い。男というよりは・・・青年・・・というよりは少年?
そしてその少年の顔を見た瞬間、ナタル、フレイそして6人全員が立ち上がって、
驚愕の表情を浮かべる。
その少年は―――黒髪、そして燃えるような深紅の瞳をしている。

「シン・・・・」
ステラの唇が、その少年の名前が自然と紡いでいた・・・。
メニュー


ネタ

SS


■ 単発ネタ


更新履歴

取得中です。