|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

連合国立ドミニオン学園 23日目


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ステラ「往け往け~ドミニオ~ン。どこまでもー」
アウル「何歌ってるのさ」
オルガ「しかもイージスとストライク抱いて……俺も抱きたい!!」
シャニ「オルガが壊れた…いつもラノベ読んでるから…」
スティング「いや、うさぎはいいよなぁ。あったかそうだし…さわりごこちもよさそうだし…」
クロト「しかし…歌ねぇ…」

ネオ「歌…ねぇ…」
ナタル「とりあえず。今日は校歌を作りたいと思います」
ジブリ「じゃあ、そうしようか。意味があるのかどうかは別として」
ムルタ「じゃあ、行きますか」

6馬鹿「校歌?」
ネオ「あー。まぁ、そうだな。気軽に…ああ。だからと言ってパンクやヘビーなものじゃなく、なんていうか…」
ナタル「礼節と基調を重んじた雰囲気だ。まぁ、歌詞だけでも作っておかなくてはな」
スティング「最後は『お~我らの~ドミニオン~が~くえ~ん』って感じか?」
ステラ「却下」
クロト「早!!とりあえずみんなで少しずつ言い合っていくのがいい感じ?」
オルガ「だな。『空にそびえる鉄の船~』みたくな」
シャニ「マ○ンガー?」
アウル「まぁ、まずここは、この4人に自分の母校の校歌を歌ってもらって、参考にしようよ」
フレイ「艦内放送の用意はばっちりです!!」
ムルタ「ちょっとまてぇー!!」
6馬鹿「嫌だとは…いわせない!!」
フレイ「艦内放送の用意はばっちりです!!!!」
ナタル「どうあがいても放送したいのか…」

ナタル「こ、こほん。以上です」
ネオ「あー。恥ずかしかった…」
アウル「仮面かぶって街中まで歩く人がいまさら何を…」
ムルタ「久しぶりですよ。校歌なんて…」
ジブリ「この私が術中にはまるとは…」
シャニ「で、今の4人の経験の歌から参考になったもの…ねぇ」
クロト「とりあえず、出だしは『黒くたたずむ 学び舎に』って感じ?」
オルガ「基本は5・7調だな。『学ぶに励め 若人よ』…今は7・5のリズムか」
スティング「『いざ進み行く この道は』…なんか変な方向になってきてる予感…」
アウル「『何処へも続く 果ては無い』」
シャニ「『例え傷つき 倒れても』」
ステラ「『心にいつも ドミニオ~ン』」
6馬鹿「これだぁ!!完成だー」
ナタル「……なんだってぇ!?」
ネオ「えーっと。これが一番の歌詞。と。面倒だから一番だけで良いか」
ムルタ「多少言葉を変更させてもらいました…で、こうなったわけですが…
『黒くたたずむ 学び舎で
 学ぶに励め  若者よ
 いざ進み行く その道は
 何処へも続き 果ては無い
 例え傷つき  倒れても
 心にいつも  ドミニオ~ン』
    ドミニオ~ンって…もう少しまとまりある風になりませんかね」
ジブリ「これで良いんじゃない?問題があるわけじゃないし」
ムルタ「次は音程ですが…まぁ、これはこっちで誰かにお願いしておきましょう。また後で来ますから、
    皆さんは自習していてください」

ステラ「こうか~楽しみ」
アウル「まだこないのか…おっそいなぁ」
シャニ「…あれ覚えるの?」
スティング「…なんなら、戦闘中に合唱するか?」
オルガ「…まぁ、クロトなんかはうっせーからな。戦闘中は」
クロト「叫んでたほうが気分良いだろ。まぁ、合・唱!!もいいけどね」
ナタル「待たせたな。ほら。歌詞と音程表だ。まずは参考にピアノの音を…」
アウル「しつも~ん。先生達は練習したの?」
ムルタ「…ま、まぁ一応試しにどういった風になったかぐらいはやりましたよ」
オルガ「じゃあ、おっさん達が歌って見せてくれたほうが良いんじゃん」
ジブリ「……正論ではあるが…」
ステラ「ピアノ曲~スイッチ・おん!!」
シャニ「じゃあ、よろしく」
ネオ「…マジかよ」
(合唱中)
ナタル「……い、以上です。さぁ、貴方達も!!……ん?オークレー。どうした?腹でも痛いのか?」
スティング「あー。現場のアルスターさん?どうぞ」
フレイ「感度良好です。どうぞ」
スティング「では、今の4人の合唱について、クルーにインタビューをお願いします。どうぞ」
フレイ「了解です。まずは副艦長、リー氏にインタビューします。いかがでしょう」
リー「大佐…少し音が外れてますよ」
フレイ「だ、そうです。えー、MSデッキや食堂にも回ってみます。では一旦お返しします。どうぞ」
ネオ「…艦内無線放送?…まさか今の校歌斉唱を…」
オルガ「ばっちり全艦放送で流させてもらったぜ」
クロト「録・音!!」
ジブリ「まさか録音もしたのか!!」
ステラ「これから毎日、朝の起床時間に全艦放送で流す。って」
アウル「これで士気も高まる…かも」
ムルタ「いやぁぁーーーーー!!!」
シャニ「ったぁぁぁ。が抜けてるよ」

次の日…朝06:30
ナタル『黒くたたずむ~学び舎で~』
ナタル「!?い、今のはまさか…」
ネオ『学ぶに励め~若者よ~』
ネオ「…久しぶりに一回で目が冴えたぜ…」
ムルタ『いざ進み行く~その道は~』
ムルタ「まさか本当にやるとは…侮れませんね」
ジブリ『何処へも続き~果ては無い~』
ジブリ「…この私が…」
4人『例え傷つき倒れても~心にいつもドミニオ~ン』
食堂
ステラ「あ。起きて来た」
ナタル「ブエル!!昨日の録音したディスクを没収する!!これは命令だ!!」
クロト「えー。横暴だー」
ネオ「命令だ!!」
アウル「ちぇ。せっかく面白かったのに」
ムルタ「全く…もう少し役立つことにその知恵を使ってくれればいいんですけどねぇ」
シャニ「…いや、そっちに比べればマシだと」
ジブリ「最悪な寝起きだ…」
オルガ「あーあー。大の大人が取り乱して」
スティング「ま、コピーはとってあるけどね」
4大人「まてぇ!!」
フレイ「クルー全員に配布しました。ちなみにかかった費用は経理で落としますね」
4大人「まてまてまてぇ!!!!お前らー」
6馬鹿+フレイ「じゃあ、朝ごはん。いっただっきまーす」
4大人「聞けよぉー!!」
メニュー


ネタ

SS


■ 単発ネタ


更新履歴

取得中です。