|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

fromMSレポート M1編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

M1アストレイ・アサギ機(以下A)「M!」
M1アストレイ・ジュリ機(以下J)「1!」
M1アストレイ・マユラ機(以下M)「アストレイ!」
三機『オーブのアイドル! M1アストレイ3人娘でぇーすッ!』
A「では今回のfromMSレポートを始めたいと思いますッ!」
J「今回はいつもに増してテンション高めだけど皆様お付き合いくださいね!」
M「では最初のテーマはこちらです!」
フレイ「・・・理事」
アズラエル「何でしょう?」
フレイ「殺れ」
アズラエル「・・・ピースメーカー隊出動」
A「ちょっと待ったぁー! それは酷すぎですよ!」
M「そうですよ! ちょっと台詞が被っただけで核攻撃は駄目です!」
J「周りの被害も甚大じゃありませんし!」
フレイ「・・・理事」
アズラエル「はい?」
フレイ「殺れ」
アズラエル「あー、艦長? 私の私物のガオーマシンを射出していただけませんか?」

『本編での活躍について』
フレイ「はい! 今回も始まりましたfromMSレポート! 今回はテーマから導入するという斬新なスタイル
    で開始となりました!」
アズラエル「今回のゲストはオーブの三機組で有名なM1隊の方々です」
A「・・・えー、ゴルディオンネイルでしばかれたM1アストレイ・アサギ機です」
J「・・・同じくウィルナイフで小突かれたM1アストレイ・ジュリ機です」
M「・・・ドリルニーで吹っ飛ばされたM1アストレイ・マユラ機です」
フレイ「よろしくお願いしまーす(笑顔)」
アズラエル「今回は初の量産型MSゲストと言うことで略称を勝手に付けさせてもらいました。
      ご了承ください」
フレイ「という訳で・・・お三方はオーブで開発されたんですよね?」
A「そうですね。原型となったMSはヘリオポリスで造られてましたが」
J「レッドフレームって奴です」
アズラエル「意外と馴染みが深いと聞いていますが」
M「外伝では面識がありますよ。日本刀を持った不思議なMSですね」
フレイ「確か・・・ビームも切り裂く刀ですよね」
J「スゴイですよね。まあ私たちはあんなの持ってませんけど・・・」
アズラエル「いやいや、本編でも量産型としては高性能で素晴らしい戦果を挙げてましたよ」
A「ありがとうございます。ガンダムヘッドは伊達じゃないですよ」
J「ジンやゲイツ、ストライクダガーとライバルも多いですから負けてられません!」
フレイ「デスティニーでもご活躍なさってたんですよね?」
M「ええ、大変でした」
A「浦島太郎な気分でしたよー」
J「これって結構すごいことなんですよね?」

アズラエル「ええ、兵器開発とはイタチごっこと奇天烈兵器の実用化です。
      つまりあの後にカオス、アビス、ガイア、インパルスと予算食いの奇天烈兵器が造られている中、
      未だ現役を果たせるM1アストレイの設計は素晴らしいと言うことです。
      可変機であるムラサメがあってもなお使用されると言うことは、空戦以外ではアストレイで間に合うのでしょう。
      これは二年のブランクすら埋め合わせるという天才設計の証明です」
フレイ「設計がスゴイと後でも使えるんですか?」
アズラエル「兵器とは機能を向上させようとすると当然大きくなり重量が増します。
      逆に戦場では弾が飛び交う故、極力回避せねばなりませんので無駄なものは載せたくないのです。
      ですから兵器とは無駄なくその機能に即した形状や内部が設計されるのです」
M「ふむふむ」
アズラエル「結果、新技術により出力の増した駆動系統や力のあるフレームなどを搭載する場合は
      外面も造り直さなくてはなりません。つまり完全な新品を造らねばなりません。
      ですがアストレイは外面に変化がない。つまりこれは新技術が搭載されても余裕があるというデザインだったのです。
      このMSを開発した人物には先見の明があったのでしょう」
J「いやー、そこまで褒められると照れますねー」
フレイ「では、次のテーマに参りたいと思いまーす」

『連ザの性能について』
フレイ「すっかり恒例になりましたこのテーマ。ネタ切れとの声もありますがまだまだ。
    では語って頂きましょう」
アズラエル「M1アストレイはゲーム中でも屈指の性能を誇りますね」
A「とにかく格闘が強いんです!」
M「拳で語るッ! って感じで」
J「機動性も高いんですよ。でもそのせいで厨機体と言われる日々でしたけど・・・」
フレイ「資料によりますと・・・ゲッ、フリーダムとも渡り合えるんですか?」
A「格闘の性能が良いんです。どの格闘からでも追い打ちが入るので・・・」
J「コンスタントにダメージをたたき出せます」
M「前格闘が強い強い」
アズラエル「普通はどこか武装の一つぐらい封印されるものなんですがM1アストレイには無駄な装備がありません。
      しかもエールストライクやフリーダムのようにアクのない動きも出来ます」
A「一応弱点は装甲が薄いということなんですけど・・・」
J「コストが軽いので何度も出撃できるんです」
M「フリーダムがコスト4で、私たちが2.5ですから・・・」
フレイ「約二分の一のコストで同じ働きされちゃあなあ・・・」
M「そのせいで未だに一対一では禁じ手扱いですよ」
J「CPUが使うと強くなるのも問題ですね・・・」
アズラエル「さて、M1アストレイは困るほど強い、という結論が出てしまいましたので次のテーマです」

『Impression of MS』
フレイ「新企画というかこのfromMSレポートで出演なさったゲスト様に対しての印象を聞くコーナーです!」
アズラエル「では今回は当SS常連さんである旧連合三機についての印象をお聞きしたいと思います」
フレイ「まずはカラミティさんからどうぞ!」
A「正直怖いわね・・・」
J「火力の差が圧倒的よね。後ろを取ればどうにかなるかも」
M「でもよくよく考えればカラミティさんと一番戦う危険性があったって事よね?」
三機『・・・・(妄想中)』

オルガ「ああん? こんなところにMSかぁ?」
アサギ「あのMS・・・まずいわ!」
マユラ「連合のGじゃない!」
ジュリ「早くキラ君達と合流しないと・・・」
オルガ「逃がしゃあしねえよ! オラオラァッ!」
3人『きゃあぁぁぁぁっ!?』

三機『あり得る・・・』
フレイ「意外でしたね・・・」
アズラエル「三機で囲めばどうにかなったかも知れませんけどね。では次はレイダーさんです」
M「レイダーさんといえば変形だよね?」
J「そうそう。速くて強い」
A「というよりも制空権を取られてる時点で私たちには勝ち目無いんじゃ・・・」
J「TP装甲の前じゃあビームライフルとビームサーベルしか効かないし・・・」
三機『・・・』
フレイ「なんか凹んでますけど・・・」
アズラエル「ここは戦力を比較するテーマではないのですが。
      ・・・まあ一度ならず何度も対峙した相手ですから仕方ないかもしれませんけど」
フレイ「じゃあ最後です。フォビドゥンさんは?」
M「では戦闘能力は置いておいて・・・意外と面白い方でした」
J「冗談が多くてカラミティさんが困ってたくらいでしたよ」
A「どこか天然な部分もあって連合MSの中でもレイダーさんと並んで良いムードメーカーね」
M「三隻同盟MSはメインの2人が真面目だからなぁ」
A「他の方々は・・・っとと今までゲストでお越しになった方々だけでしたね」
J「でもお三方はとてもバランスの取れた方々だったと思います」
M「連携を取れば最強クラスだったかも・・・」
A「いずれにしろ悪役をしっかり果たされた方々だと思います。尊敬します」

『終わりに』
アズラエル「今回のfromMSレポートももうすぐ終わりです。では最後にスレの方々にメッセージをどうぞ」
M「アストレイは永遠に不滅です! 外伝とも合わせて可愛がってくださーい」
J「ゲームセンターでは邪険にせずに使ってみてくださいね」
A「量産型としての本分をこれからも全うしたいと思います。応援お願いします!」
フレイ「ありがとうございます! 
    えー、fromMSレポートでは対談希望のMSを募集しております」
アズラエル「MS、戦艦、大量虐殺兵器でも何でも構いません。何が何でも対談させます」
フレイ+アズラエル『それでは皆様、お疲れ様でしたー!』
三機『お疲れ様でしたー!』
メニュー


ネタ

SS


■ 単発ネタ


更新履歴

取得中です。