ヌーヤガテレマガ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヌーヤガテレマガは、沖縄はいさいテレビ(現・テレビ那覇)で1992年4月から1996年3月まで毎週土曜9:30~10:30(1995年10月以降は8:30~9:30)に放送されていた情報番組である。

概要

  • タイトルの「ヌーヤガ」は、沖縄の方言で「何ですか?」という意味であり、視聴者からの投稿を基にした情報を中心にそれ以外にも生中継やニュース、天気予報などで構成されていた。
  • OHTが平日以外で初めて設けられた情報番組である。
  • この時間帯はこれといった番組がなかったため、安定した視聴率となった。

番組の終焉

  • 1995年10月にOHTがニュース・番組供給系列をANNからTXNにネットチェンジしたため、8:30~9:30に移った。さらに、これまで11:30~放送されていた県の広報番組である「みんなの県政」がこの番組に内包することになった。そのため、事実上放送時間が1時間から45分間に縮小して、内容のリニューアルも余儀なくされたが、(ただし番組のメインは引き続き視聴者からの投稿だった)からこの時間帯は、在阪局がワイドショーを製作していたため、低視聴率になった。そのため、1996年3月をもって終了し、4年間の放送に幕を閉じた。
  • 後番組は、「はいさい!情報市場」。この番組と打って変わって、ただの情報番組となったものの、皮肉にもこの番組より2年長く6年間も放送された。ただし、視聴率自体はそれほど高くなかった。

出演者

備考