ツボオシ!


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ツボオシ!』は、2010年3月29日から南西放送で放送されている夕方ワイド番組である。2011年9月30日までの番組タイトルはツボ押しテレビであった。

ハイビジョン制作ステレオ放送で、データ放送を実施している。

概要

めんそーれ壷川屋』が2010年3月で終了したことを受け、こちらも同時期に終了となった『Naho Newsリアルタイム』と事実上統合する形でスタートした。Nahoの夕方ワイド番組が17時台と18時台が通して放送されるのは、開局以来初めてのことであった。

前述の通り、ニュースはもちろん、生活情報やグルメスポットなどの軟派な情報までいろいろあっためんそーれ壷川屋に対して、報道を中心に番組が進められている。そのため、5時台の日テレからのニュース(『news every.』)の一部ネットを復活した。ただし、日替わりコーナーで軟派な情報もフォローしている。

番組コンセプトは、「日常生活に刺激を」であり、開始当初から変わっていない。

『ツボ押しテレビ』時代

  • 前述の通り、17時台と18時台が通して放送されるため、当初はT1スタジオ(『めんそーれ壷川屋』で使用されたスタジオである)を第1部から第3部を通して同じだったが、開始3ヶ月の7月以降は、第3部はニューススタジオであるTNスタジオを使用している。
  • 番組の司会には、与儀透を起用した。与儀は、『おきなわフレッシュ5』(末期は『ツボナビフレッシュ』)以来4年ぶりに、情報番組の司会を務めることになった。そのため、男性ニュースキャスターは、大石健司が担当することになった。それ以外は、ほぼ前番組の出演者と変わらない。
  • 18時台のニュース(第3部)は、『ツボ押しNEWS』として放送される。オープニング(後述参照)の後、ヘッドライン→挨拶→最初のニュースとなる。

『ツボオシ!』時代

2011年10月に番組のリニューアルを実施。主な変更点として、

  • タイトルを『ツボオシ!』に変更
  • 内容もリニューアルしたが、根本的なテーマは変わっていない。第3部である6時台のニュースを『はいさいevery.』として分離した。
  • 時間も上記の内容の変更で、大幅に縮小された。

大リニューアル

2013年4月に再びリニューアルを実施した。これ以前も若干のリニューアルがあったが、今回は大規模なものとなった。まず、放送時間の繰り上げをすることになり、それまでの5時台から4時台となった。空いた5時台には、『news every.』の任意枠(16:53‐17:53(金曜日のみ16:50‐))をほぼフルネット(天気予報のみ差し替え)することになった。なお、NahoがNNNの夕方のニュースの任意枠をフルネットするのは、6年半ぶりとなる。(リニューアルの経緯は、後述を参照。)

また、内容やテーマ曲、スタジオセットなどもリニューアルされた。

視聴率

開始当初は、第1部から第3部まで視聴率は悪くはないものの、まずまずの状態であった。しかし、テコ入れを進めていき、1年目の秋以降は安定していき、6時台のニュースを分離した2年目の秋は日によっては時間帯1位を取ることもあった。

ただ、当番組の前は午後4時台は当時ドラマやバラエティの再放送が放送されていたが、こちらに関してはあまり良くなくて、他局に流れることがあった。せっかく午後のワイドショーである『情報ライブミヤネ屋』の視聴率がよくても、午後4時台の再放送で視聴率が下がってしまう状況であったことを受け止めたスタッフは、2013年4月から比較的好調な当番組を午後4時台に移動して、午後5時台を『news every.』の任意枠のネットに切り替えることになった。午後4時台にローカルの帯番組が放送されるのは、『めんそーれ壷川屋』の終了以来3年ぶりとなる。

午後4時台の放送となった当番組だが、『情報ライブミヤネ屋』が相変わらず好調であるおかげで、高視聴率を得ることに成功した。

放送時間

  • 2010年3月29日‐2011年9月30日 月曜日‐金曜日16:45~19:00
    • 番組は、16:45‐17:50を第1部、17:50‐18:16を第2部(『news every.』)、18:16‐19:00を第3部としていたが、新聞やテレビ雑誌の番組表では、特に区切っていなかった。
  • 2011年10月3日‐2013年3月29日 月曜日‐金曜日16:45‐17:53
  • 2013年4月1日‐ 月曜日‐金曜日15:50‐16:50
    • 月曜日‐木曜日は番組終了後の16:50‐16:53を『おまけのツボ』として当番組のミニ番組が放送されている。

出演者

※特記のない限り、Nahoアナウンサーである。

キャスター

メインキャスター

ニュースキャスター *1

気象予報士

リポーター

  • 星野正輔
  • 城間恵吾
  • 石川麻衣
  • 上原翔子
  • 浅山佐奈
  • 尾崎明広
  • 大田彩子(フリーアナウンサー)
  • 川満聡(ローカルタレント,不定期)
  • ゆうりきやー(ローカルタレント,不定期)

その他

  • 仲田智之(Naho解説委員・不定期にコメンテーターとして出演)

コメンテーター

  • 『めんそーれ壷川屋』と違って開始当初はなかったが、開始1ヶ月後の5月から復活した。
  • ただし、特に定まっておらず、日替わりで1,2人登場する。

タイムテーブル

※日によって、コーナーの順序の変更やコーナーの休止がある。

  • 15:48.30 予告(『情報ライブ ミヤネ屋』終了直後に30秒)
  • 15:50 オープニング、きょうイチ
  • 16:00 ツボトク、日替わりコーナー
  • 16:40 ツボ天
  • 16:45 ツボオシPOST・エンディング

コーナーの詳細

レギュラーコーナー

  • オープニング

順番は、
オープニングタイトル→今日のラインナップ→挨拶→フリートーク(主に記念日やニュースに関することなど)→ツボオシPOSTのテーマ発表(後述)
である。(なお、フリートーク中はしばらく下に今日の記念日や有名人の誕生日などが出る。)

  • きょうイチ

まず初めに取り上げるべき話題(硬派軟派、県内全国にかかわらず)を数分間伝える。その後TNスタジオから、ニュースキャスターがテンポよく今日の話題を伝える。
『ツボ押しテレビ』時代のタイトルは、「トップなう」だった。

  • ツボオシPOST

視聴者から毎日お便りを募集する。(テーマはオープニングで発表される。)
お便り紹介は、随時放送される。

  • ツボトク

硬派なものや軟派なものまで旬の話題を特集する。県内各地から中継することもある。
『ツボ押しテレビ』時代のタイトルは、「旬ツボ!」だった。

  • ツボ天

気象予報士の伊佐明陽が天気を伝える。
『ツボ押しテレビ』時代のタイトルは、「天気のツボ」だった。

曜日限定のコーナー

※基本的に毎週放送されるが、場合によっては休止となる場合もある。

  • マーサイ刑事

月曜日の日替わりコーナー。
噂になっているグルメを取材する。なお、リポーターは往年の刑事ドラマを思わせる服装で取材している。

  • ツボオシリサーチ!

火曜日の日替わりコーナー。
視聴者から寄せられた疑問を調査する。

  • HYPERランキング

水曜日の日替わりコーナー。
決められたテーマのオリジナルランキングを紹介する。

  • オバアにおまかせ!withオジイ

木曜日の日替わりコーナーで、2010年10月から放送されている。
ゆうりきやーがオバアとオジイに扮して、いろんなロケを展開する。
大抵は、視聴者からの悩みを解決することが多い。

不定期コーナー

過去のコーナー

※前述の、2011年10月のリニューアルで終了した第3部のコーナーは、『はいさいevery.』に引き継がれたものも少なくない。そのコーナーは、☆と記す。

  • ツボスポ!

県内のスポーツ情報を伝える。

  • ニュースプレイバック

月曜日の第3部のニュー特で放送されていた。
過去のニュースで変わったことを現場に行ったりして、掘り下げていく。

  • 週刊!イイNEWS(番組開始~9月)

火曜日の第3部のニュー特で放送されていた。
視聴者から寄せられた比較的明るいニュースを紹介する。

  • 密着!ウチナーンチュ(2010年10月~)

火曜日の第3部のニュー特で放送されていた。
県内のいろんな人に密着する。

  • Future沖縄(番組開始~9月)

水曜日の第3部のニュー特で放送されていた。
未来の沖縄に関する特集をする。

  • 経済のツボ(2010年10月~)

水曜日の第3部のニュー特で放送されていた。
沖縄の経済に関する特集をする。

  • 歴史のツボ(番組開始~9月)

木曜日の第1部の日替わりコーナーで放送されている。
城間祐司が歴史を感じさせるスポットを紹介する。
このコーナーは、『うちなぁ情報 ツボわかり!』でも放送されており、2年半ぶりに復活した。

  • おきなわ×エコ

木曜日の第3部のニュー特で放送されている。
環境問題やそれに関する取り組みを紹介する。

  • シネマのツボ

金曜日の第1部で放送されていた。『ツボオシ!』のリニューアルで、前述の「ツボタメ」に内包された。
今週末に公開される映画を紹介する。

  • 週刊ニュース&解説

金曜日の第3部のニュー特で放送されている。
今週のニュースで関心の高いニュースをベスト5で紹介して、その中から一部をニュース解説する。

  • ツボLIVE

金曜日の日替わりコーナーだが、随時放送される。
県内各地から生中継でいろんなスポットを紹介する。
2011年10月から、中継終わりに、中継先に関するクイズを出題して、視聴者から答えを応募してもらい、翌週の冒頭に正解を発表して、正解者にはプレゼントが当たるという企画が開始した。2013年春のリニューアルで終了した。

  • ツボタメ

芸能情報を中心に伝えるが、(映像は日本テレビの情報番組の使い回しが多い)ゲストの芸能人との生のトーク(あるいはインタビューのVTR)や、新作の本や音楽などの情報もある。
2011年10月から金曜日のみ映画情報が内包されているため、他の曜日より時間が長い。
『ツボ押しテレビ』時代のタイトルは、「ツボカルチャー」だった。2013年春のリニューアルで終了した。

備考

  • 『news every.』が重大ニュースで全国ネット化される場合や『action! 日本を動かすプロジェクト』などの特番が放送される場合は、短縮・休止される。
  • 県内で重大ニュースが発生した場合、そのニュースに関する内容に差し替えることがある
  • 新聞のラテ欄では、当番組が『はいさいevery.』を内包されるような形で書かれることがあるが、実際はそれぞれ独立した番組である。
  • 新年最初の放送は、当番組になってから『全国高校サッカー選手権大会』の準々決勝と同じ日(大抵1月5日)になった。ただし、準々決勝が土曜日か日曜日の場合、月曜日となる。

2010年

  • 7月19日の海の日は、16:20から放送開始。番組としては初の拡大放送となり、通常の放送開始時間の16:45までの間、特別企画を放送した。
  • 12月24日と27日は、放送時間を15:50に拡大した。前者は、日替わりコーナーの特別版や中継など軟派路線で、後者は、沖縄の1年の出来事を振り返るなど硬派路線であった。なお、この日で年内最後の放送となった。
  • 12月28日~2011年1月3日は、年末年始の特別編成で休止となった。ただし、28日は『news every.』が放送時間を短縮ながら放送したため、特集の後にローカルニュースを放送した。

2011年

  • 新年最初の放送は、1月5日となった。
  • 3月11日、14日~18日は、東日本大震災関連の報道特番のため、放送休止となった。
  • 3月21日も、『action! 日本を動かすプロジェクト』(内容は、東日本大震災関連)のため、放送休止となった。
  • 3月22日~26日は、『news every.』が東日本大震災関連のニュースで時間を拡大したため、第3部が18:36からになった。
  • 3月24日は、沖縄国際映画祭特集として、当日『ダウンタウンDX』の生放送を控えているダウンタウンが生出演した。この映画祭が開始した2009年以降(つまり『めんそーれ壷川屋』時代から)、毎年ダウンタウンはゲスト出演している。ただし、途中からガレッジセールに変わった。25日も沖縄国際映画祭特集が放送された。
  • 7月18日は、16:20から放送開始。前年と同じように、特別企画を放送した。
  • 7月22日は、大東諸島に地上デジタル放送の中継局が開局したため、与儀がスタジオを飛び出し、南大東村から生中継で伝えた。
  • 9月2日は、サッカー中継が18:40から放送されていたが、事実上事前番組であるため、第3部は従来通り、19:00まで放送された。
  • 10月3日以降、前述の通り18時台のニュース部分(第3部)を『はいさいevery.』として分離した。
  • 10月10日の体育の日は、放送時間を15:50~拡大した。
  • 10月27日は、当日放送の『秘密のケンミンSHOW』のコーナー「辞令は突然に…」の東はるみ役の黛英里佳が生出演した。これは、当日とその翌週の『ケンミンSHOW』の放送で、沖縄が取り上げられるためである。なお、与儀は彼女をベタ褒めしていた。
  • 12月6日~19日は、日本テレビから『FIFAクラブワールドカップ』関連情報を放送するため、17:48までに短縮された。
  • 12月14日は、『FIFAクラブワールドカップ』の中継のため、番組自体が休止となった。
  • 12月19日は、金正日総書記死去のニュースを受けて、15:50~NNN報道特番が放送されたため休止となった。
  • 12月21日は、水曜ドラマ『家政婦のミタ』最終話直前特別番組『さよなら「家政婦のミタ」特別版』を21:00~21:57に急遽放送することになり、前座の年末特番『中居正広の7番勝負!超一流アスリートVS芸能人どっちが勝つの?SP』を当初予定より1時間前倒しの18:00~20:54で放送することになったため、休止となった。
  • 12月23日は、放送時間を15:50に拡大して、『ツボオシ!感謝祭2011』として放送された。また、『はいさいevery.』も休止となり、『news every.』を内包して18:45まで放送された。 *2 なお、この日で年内最後の放送となった。
  • 12月26日~2012年1月4日まで、年末年始の特別編成で休止となった。

2012年

  • 新年最初の放送は、1月5日となった。
  • 1月9日は成人の日で高校サッカー決勝の日となるが、この年からフィラー番組の『世界のスクープ映像』と高校サッカー『決勝ハイライト』の放送順が逆になって、従来ネットしていなかった後者の番組のネットを始めたことから、当番組は10分縮小されて16:55~開始となった。
  • 12月27日は、放送時間を15:50に拡大して、『ツボオシ!感謝祭2012』として放送された。また、『はいさいevery.』も休止となり、『news every.』を内包して18:30まで放送された。 *3 なお、この日で年内最後の放送となった。
  • 12月30日~2012年1月4日まで、年末年始の特別編成で休止となった。

2013年

  • 新年最初の放送は、1月7日となった。
  • 1月14日は成人の日で高校サッカー決勝の日となるが、関東地方の大雪により決勝試合が19日に順延となった。しかし、番組編成はほぼ前年と同様で、当番組は10分縮小されて16:55~開始となった。
  • 4月1日から前述の通り、放送時間が15:50~16:50に変更されて、リニューアルも実施された。
  • 12月26日は、15:50~19:00まで『ツボオシ!感謝祭2013』として放送された。『news every.(任意ネット枠)』『はいさいevery』が休止となり、『news every.(NNN枠)』を内包して18:30まで放送された。 *4 なお、この日で年内最後の放送となった。

2014年

  • 新年最初の放送は、1月6日となった。
  • 1月13日は成人の日で高校サッカー決勝の日となるが、試合終了後の高校サッカー『決勝ハイライト』をネットした後、同時期から開始した『news every.』の4時台(番組では『第1部』と呼称されている。)をネットしたため、この日の当番組の放送は休止となった。翌年の2015年も同様の編成となった。

2015年

  • 新年最初の放送は、1月5日となった。ただし、番組開始時間が16:00~と10分遅いスタートとなった。

スポンサー

  • 開始当初から2011年9月までは、第1部と第3部に分けてローカルスポンサーがついていた。
  • 前述の通り、同年10月に夕方のニュース枠が『はいさいevery』となったため、第3部のスポンサーは、そちらにスライドした。
  • 2013年4月から当番組を午後4時台に移動して空いた5時台に『news every.』の任意ネット枠を放送するため、一部スポンサーがそちらに移動した。
  • 以下のスポンサー以外にもスポットCMが放送されている。
  • 提供クレジットは、透明の座布団に提供スポンサーは原則カラー表示となっている。
    曜日 スポンサー
    ・三和交通
    ・イオン琉球
    ・沖縄ポッカ
    ・ナンポー通商
    ・沖創建設
    ・沖縄明治乳業
    ・リウボウ
    ・みつわ産業
    ・オキハム
    ・沖縄ガス

過去のスポンサー

以下のスポンサーは、2013年4月に『news every.』(任意ネット枠)に移動した。

  • 沖縄三越
  • オキコ
  • ジミー

以下のスポンサーは、2013年3月までに降板している。

  • メイクマン
  • ベスト電器

オープニングタイトル

  • 2010年3月29日~2011年9月30日 橙色で塗りつぶされた楕円(中に白文字でツボと書いてある)が前から出てきて、赤文字の「押し」とその下に黒文字の「テレビ」が1文字ずつ出てくる。(なお、SEが挿入されている)最後に、出来上がった番組ロゴが前に進んで消える。(このとき、BGMが流れる。)その後、スタジオにフェードインする。
  • 2011年10月3日~ お天気カメラにシーサーやゴーヤーや壺(Nahoの住所の「壷川」から)の擬人化、Nahoのマスコットキャラクター『ナッホン』が出てきて、白い背景にバラバラになったタイトルの文字が4人(?)のキャラ達に整頓されて、ロゴが完成する。

前後番組の変遷

南西放送 平日夕方ワイド番組
前番組 番組名 後番組
めんそーれ壷川屋 ツボ押しテレビ

ツボオシ!
-
南西放送 平日夕方のニュース番組
Naho Newsリアルタイム ツボ押しNEWS はいさいevery.