新春!バトルダービー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新春!バトルダービーは、2010年(2009年度)と2011年(2010年度)に南西放送で毎年1月第1日曜深夜に放送されていたバラエティ番組である。

概要

2009年(2008年度)正月まで放送されていた『新春!沖縄の正月』に変わってスタートした番組である。内容は変わってバラエティ番組となった。

6人の芸能人が通しであらゆる種目(スポーツやクイズ、ゲームなど)に挑戦して、それをスタジオのゲスト4人とレギュラーパネラーの祝嶺が誰が1位、2位になるかを競馬のように予想する。

なお、『新春!沖縄の正月]]』から行われている視聴者プレゼントは、形式は多少違うが、継続されている。番組の最後に、問題が出題されて、大抵は番組内の名場面からの出題となるため、全部見ないと難しい。商品は、優勝したパネラーがもらうものと同じである。

わずか2回で終了

視聴率は、初回となった2010年(2009年度)は、『行列のできる法律相談所』のスペシャルがNahoでは25.2%と高視聴率を獲得したため、この番組も11時台からの放送にもかかわらず12.9%と2桁を獲得した。

しかし、2回目の2011年(2010年度)は、『行列のできる法律相談所」のスペシャルが『夢対決2011とんねるずのスポーツ王は俺だ!5時間スペシャル!!』に惨敗したため、この番組は一転して1桁になってしまった。公式Twitterでは、「そもそも初回の2桁は奇跡だと思っていた。本来はこんなもんだろうということで、来年もやるつもりだ。」と述べていた。

だが、2012年(2011年度)の第1日曜深夜は元日に当たり、『超再現!ベストセラー』が全国ネットとなったため、放送枠を確保できなかった。一方で、2009年(2008年度)をもって休止していた『新春!沖縄の正月』は、3日夕方にようやく放送枠を確保できたことから放送することになった。放送後、視聴率は2009年(2008年度)より改善されたことで翌年も放送されることになったことや、深夜にわざわざやる必要もないという判断から当番組は事実上わずか2回で終了となった。

ルール

6人の芸能人があらゆる種目(スポーツやクイズ、ゲームなど)に挑戦して、それをスタジオのゲストパネラー4人とレギュラーパネラーの祝嶺が誰が1位、2位になるかを競馬のように予想し、点数(最初の持ち点は1000点)を賭ける。(挑戦者には、競馬のように番組が独断でオッズ(何倍になるか)が設定されている。)

そして、片方や両方が正解するとパネラーそれぞれ賭けた点数×オッズを獲得する。(ただし、片方の場合は賭けた点数が2分の1になる)

これを4~5回ぐらい繰り返して、最終的にポイントの高いパネラーが優勝となる。そして、豪華商品がプレゼントされる。

出演者

スタジオ

司会

  • ああああ
  • ああああ

レギュラーパネラー

  • 祝嶺明也(開始~)

ロケ

進行

  • 年によって異なるが、Nahoアナウンサーが務める。

放送時間など

  • 第1回

内容