ウチナーニュース


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウチナーニュースは、テレビ那覇で1980年4月7日から2011年3月31日まで放送されていた平日夕方のニュース番組であり、長寿番組でもあった。ハイビジョン制作(地上デジタル放送のみ)

歴史

番組開始

テレビ那覇(以下tns) *1 が開局した1975年の夕方のニュースは、「OHTニュース」として5分間のスポットニュースの放送だった。その後、1977年に15分に拡大した。

ただ、この時琉球放送(RBC)がすでに「RBCエリアレポート」を開始しており、OHTでもこれに対抗しようと開局から5年経った1980年4月からOHTウチナーニュースとして開始した。(当初は局の略称がタイトルに入っていた)開始当初こそ苦戦したので、同年10月から視聴者がリポーターとなって伝える『わが町ニュース』(1990年をもって終了。)というコーナーが設けられた。(もちろん、内容は季節やイベントなどのニュースである。)あくまでも1つのコーナーであったが、これが受けて、また本来の一般ニュースでも成果をあげてきたため、「RBCエリアレポート」に健闘するようになってきた。

1回目のネットチェンジ(NNN→ANN)

NNNからANNにネットチェンジし、この頃から放送時間が変更したことが多く、一時期苦戦を強いられた。1989年以降は、放送時間が固定化されたため、それなりに安定していた。

特に、この時期は多くの特集が評価されていた。

2回目のネットチェンジ(ANN→TXN)

ANNからTXNにネットチェンジし、放送時間が5時台に繰り上がった。5時台のニュースは例がなかったことや、他局は5時台は再放送枠などが多かったため、当初は視聴率が最下位になってしまった。これに悩んでいたtnsは、てこ入れとしてニュース以外の企画も多少盛り込んで、(前述の『わが町ニュース』も復活した。)情報番組としての側面も持たせようとした。このおかげで、多少は視聴率も上がるようになった。その後、『TXNニュースワイド 夕方いちばん』が開始して、放送時間が17:25から30分間になり、またタイトルもキー局のニュース番組にあわせ、ウチナーニュース 夕方いちばんになった。この頃、視聴率が10%以上とこの時間帯にしては高くなって、5時台は一時期tnsの独占になった。

1999年後半から「TXNニュースアイ」を開始。タイトルは、ウチナーニュースアイ→(後に)UCHINA NEWS EYE。また、この頃から他局でも5時台に自社製作番組を設けるようになったことから、視聴率が下がってきてしまう。2003年4月から放送時間を実質元に戻すと同時に、開始時間を16:55からとフライングスタートさせた。(構成がサンドイッチする形になる)しかし、視聴率は良くならなかった。また、2004年はQABを除く県内の放送局で5時台になんらかのローカル番組を設けており、競合していたため、負けることが良くあった。

2005年からキー局の全国ニュースが「速ホゥ!」になり、タイトルも元のウチナーニュースになる。2006年から、放送時間が16:45~17:30になり、大幅な縮小になってしまった。この頃から、悪い視聴率がさらに落ちてしまい、1%であることが多く、最悪0.5~0.9%という数字もたまに出るようになってしまった。さらに、2007年4月から、「速ホゥ!」が16:54に拡大し、tns含む系列局は、16:54からフルネットし、ローカル枠は17:13~になるため、放送時間が17:13~17:30と、約15分間の放送となってしまった。

OHTからtnsに社名が変更された2008年4月に、6年間務めた大城と宮平が卒業し、平崎と白井がキャスターを務める。そして、同年10月から再び視聴者を取り込むべく、「午後のアンテナ」に内包された。しかし、「とことんアフタヌーン」の低視聴率を受けて、2009年6月をもって午後のアンテナの枠が解消されたため、9ヶ月ぶりに単独番組になった。

2010年春に番組は30周年を迎えたので、ゴールデンタイムに2時間の特番を放送した。

番組の終焉

2011年2月のtnsの記者会見で、同年3月31日をもって31年間続いた当番組の終了を発表した。理由として、「放送時間が短くなった今、このタイトルで続けても意味がないと思った。」と述べている。後番組として、当初は「tnsニュース」で、スポットニュースとして開始予定で、事実上夕方ニュースからの撤退となるところだった。

しかし、3月11日午後に発生した東北地方太平洋沖地震を受けて、(沖縄県内では、津波を除けば特に被害はなかった。)夕方ニュースの重要性を再認識して、方針を転換。夕方ニュースの充実を図ることになった。新番組として「NEWS宣言おきなわ」を開始する。

出演者

期間 キャスター
男性 女性
1980.4 1983.3 押山武雄
1983.4 1985.3 沖山浩司
1985.4 1989.3
1989.4 1993.3
1993.4 1995.3
1995.4 1997.3 宮平明恵
1997.3.31 2000.3.31 丸尾基宏
2000.4.3 2002.3.29 今江彩子
2002.4.1 2004.3.26 大城明宏
2004.3.29 2008.3.28 宮平明恵
2008.3.31 2011.4.1 平崎陽伸 白井亜衣

2005年4月からOHTニュースサタデーを兼ねていることから金曜以外は日替わり制だった(例:月、水→大城 火、木→宮平)金曜は、両方出演した。しかし、それでも大変なため、2008年4月からキャスターを入れ替えることになった。また、その際に、キャスター体制を一人にした。また、担当していない曜日はニュースの現場からの中継をするため、ニュースキャスターはフィールドキャスターも兼ねる事になった。

放送時間

放送期間 放送時間 放送されていた全国ニュース 備考
1980年4月 - 1983年3月 18:00~18:30 NNN JUSTニュース この頃は、タイトルの頭に当時の局の略称を冠していた。
1983年4月 - 1986年9月 18:00~18:25 ANNニュースレーダー NNNから脱退して、ANN単独の系列局になったため、放送時間などが変更された。
1986年10月 - 1987年9月 18:20~18:50 放送時間が再び30分間となった。
1987年10月 - 1989年3月 18:00~18:30 ニュースシャトル ANN 『ニュースシャトル』が午後7時台の放送になったため、午後6時台はローカルニュースのみとなっていた。また、3年半ぶりに午後6時ちょうどの開始となった。
1989年4月 - 1989年9月 18:25~18:55 『ニュースシャトル』が午後6時台に移動したため、その全国ニュースの後に放送されていた。また、午後7時前のテレ朝製作の帯番組が放送されなくなった。
1989年10月 - 1991年3月 18:30~18:55 600ステーション ANN 18:55から5分間は、独立番組として天気予報が放送された。
1991年4月 - 1995年9月 18:30~19:00 ステーションEYE 前述の天気予報が番組に内包された。
1995年10月 - 1997年9月 17:00~17:30 TXNニュース THIS EVENING TXNへのネットチェンジに伴い、初めて17時台に放送される。
1997年10月 - 1999年9月 17:25~17:55 TXNニュースワイド 夕方いちばん 全国ニュース番組の改編で、放送時間が変更された。
1999年10月 - 2003年3月 TXNニュースアイ タイトルが変更されたが、放送時間は不変。
2001年10月から後述のようにロゴが英字表記になる。
2003年4月~2005年3月 16:55~17:55 フライングスタートを実施。17:00 - 17:25は『TXNニュースアイ』。
2005年4月 - 2006年3月 速ホゥ! 17:00~17:22.45は『速ホゥ!』。
2006年4月 - 2007年3月 16:45~17:30 放送時間が大幅に縮小した。17:00 - 17:22.45は『速ホゥ!』。
2007年4月 - 2008年9月 17:13~17:30 2008年2月15日までは、17:13.30からであった。
2008年10月 - 2011年3月 NEWS FINE

コーナー

  • オープニング
  • ニュース・ミニ特集
  • 天気予報

過去のコーナー

オープニング・表記

  • 1980年4月 - 1983年3月
  • 1983年4月 - 1997年9月
    • 1993年4月 - 1997年9月 OPのBGMは、浅倉大介の『Rainbow In The Universe』が使われていた。
  • 1997年10月 - 1999年9月 ウチナーニュース(改行)夕方いちばん
    • 1997年10月 - 1998年9月
    • 1998年10月 - 1999年9月
  • 1999.10~2001.9 ウチナー(改行)ニュース(改行)アイ
  • 2001.10~2005.3 UCHINA(改行)NEWS EYE
  • 2005.4~2007.3 ウチナー(改行)「UCHINA NEWS」(改行)ニュース
    • 2005.4~2007.3 左から「ウチナー」が出てきて、右から「ニュース」が出てくる。(文字色は青色)そして、真ん中から「ウチナー」と「ニュース」の間に「UCHINA NEWS」(背景が橙色)が出てくる。
  • 2007.4~~2011.3 UCHINA NEWS
    • 2007.4~2009.3 上に上下2本の線が出てきて、上から白文字の「UCHINA」が出てきて、(背景は水色に近い)下にも上下2本の線が出てきて、上から水色に近い色の文字の「NEWS」が出てくる。
    • 2009.4~2011.3 「tns NEWS」と表示された後、背景のニュース映像に青文字の「UCHINA NEWS」が1文字ずつ表示される。BGMは、国府弘子の「ゴーイング・ゴーイング・オン」が使われていた。

関連項目

前後番組の変遷