shirld nine


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

君の凍える手 握って 駆け出してく
どんな時だって 傍にいるよ

移り変わる 時間の中で 空を見上げてる
慣れない日々を 繰り返して 過ごしてる

何も見えない 真昼の星座
夕日が沈み いつか 夜になる

君の凍える手 握って 駆け出してく
どんな時だって 傍にいる
例えば この星に
終わりが 近づいても
僕は 君のこと 護るべく 楯になるよ

めぐり巡る 季節を数え ため息ついてる
戸惑うばかり 秘密隠し 演じてる

星の見えない 夜明けの日なた
太陽昇り いつか 影になる

君を苦しめる 悪夢と 戦ってく
どんなモノだって 恐れない
潤んだ瞳から 溢れる 涙ぬぐい
いつも 君だけを 見つめてる 楯になりたい

君の震える背 抱きしめ 暖めてる
どんな事だって 怖くない
傷つき 疲れ果て
この身が朽ち果てても
君の 愛おしい 笑い声 絶えぬよう

君の凍える手 握って 駆け出してく
どんな時だって 傍にいる
例えば この星に
終わりが 近づいても
僕は 君のこと 護るべく 楯になるよ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。