misery


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大事なもの無くして 希望を忘れる日々に
いつしか目をそむけて 見えない振りを続けてた
あの日の出逢いなんてなければ 僕はこのまま
ひとりで生きられると ずっと思えたはずなのに

僕に触れたその手は 温かく懐かしくて
でも君はとても遠く 追いかけるほど離されて

求めてるのは小さな言葉 真実の君の囁き
それさえあれば僕はよかった 変わらない想いを誓えた…

冷たく蒼い月が 心をそっと照らして
黄金に揺れる髪は 君の迷いによく似てた

どこかを見つめている 淋しそうな横顔に
惹かれていく僕だから 愛しさがまた溢れてく

欲しかったのは本当の涙 純粋な願いの欠片
きっとそのあと君は笑える どんなに哀しい明日でも
失うことに怯えてるのは 僕よりも君の方だね
大丈夫だよ? いつでも僕は 誰より近くにいるから…

求めてるのは小さな言葉 真実の君の囁き
それさえあれば僕はよかった 変わらない想いを誓えた
抱きしめたのは優しく強く 泣いていた素顔の君を
隠されていた無垢な瞳は 汚れない想いで滲んだ…

失うことに怯えてるのは…
大丈夫だよ? いつでも僕は…
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。