※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ああ行かないで 軋んだ心が痛い
手のひらからこぼれる刻の砂よ

誰彼 宵の帳下ろして 月は満ちゆく
夢から覚めたように 絡んだ指が離れる

静かに響く声が これが最後と
白いブラウスが涙に濡れた

ああ行かないで 引き止めるその声に
君はやさしく微笑んでる
伝えたい 全てが消え去ってしまうその前に

こんなに想いだけが空回っても
届かないモノにどんな価値があるの?

この世界の果てから果てまで満ちてる
条理と不条理の中で
僕らすべては廻り続ける
あらゆるものが

わかっていた こんな時間がずっと続くものではないって事は
幕が下りて人が去ってく いつもの日々へ

たったひとつ願いが叶うならば
どうか幸せな旅立ちを
いつの日か僕がその扉を開く その時まで
そしていつか遠い未来に
再び会う日まで
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。