銀色


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

冷たい夜の 滴映して
跳ねる月は石切代(いすなよ)
解いた結いに 髪を流して
夏の夜にさよなら

淡い光りと 見えない証を
私もそう 輝くの教えて
この想い 月へ届け

夏が過ぎてく 今が消えてく
滲む月は銀色
透けた指先 細い背中を
強く抱いてさよなら

揺れた蛍と 消えゆく光を
いつかはそう 残せるの叶えて
この想い 月へ届け

閉じた世界と 過ぎ行く夏の日
月夜に今 輝くの私も
この想い 胸に届け
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。