花色春風


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

早起きの瞳の中 薄紅の景色映る

窓辺のつぼみに願いを重ねる
ときめきを咲かせたい
暖かな日差しの下で

春の色 舞い降りる 青空を 見上げたら
雲の上心届く
花の風 耳元で ひそやかに ささやいた
やわらかな季節

独りきり夜の部屋で いつからか夢に見てた

雪どけ過ぎたら想いを伝える
長すぎるコートより
ぬくもりをくれるあなたに

春の色 手のひらに 乗せたまま かたわらの
やさしさにそっと触れた
花の風 追いかけて どこまでも かけてゆく
あなたとの季節

涙に沈んだ昨日は忘れて
あの角を曲がったら
新しい今日に会えるの

春の色 この道に 敷き詰めて 寄り添えば
微笑が二人包む
花の風 誘われて 靴音が はしゃいでる
ひだまりの季節
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。