958:組織形態の考察


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

958プロジェクト
「うんこネットワークの組織形態についての考察」


【目的】
前提として、このプロジェクトは永遠に完璧なゴールは無いであろうという点。
そしてこの集団は、数年で完了する物から、
下手をすると数百年かかる計画まで取り扱うことになる。

上記のような理由から、
単一的な目的のみを全員で達成するのに向いているピラミッド型組織では腐敗が進み、
求めるような結果は得られないと考えられるため、
ウィルスのように常に変化していきながら歩み続けられる組織が求められる。
以下に草案を提案してみる。


【概要】
現在多くの組織はピラミッド型で、
最終決定権はトップの一人or数人で全体の行動が決定されていく。
しかし、これは一度腐敗すると意見と行動が硬直化し、全員が死滅する。

そこで、
このスレの最高指導者or権力者を人間ではなく、
「より良いウンコシステムを求め続ける」という思想にした場合、
その下に参加する人たちは全員平等となる。
ゲリラ構造に近い。
この時、明確な定義がされてないので、あらゆる方向性からのアプローチが可能になる。

ようは、
「全員が一つの事をするんじゃなくて、全員で全員をサポートしながら歩いていくのはどうよ?」って事。


【簡易組織図】
□=本スレ(情報交換所) ■=避難スレ(避難所) △=まとめサイト 
▲=まとめサイトバックアップ複数
◎=「より良いウンコシステムを求め続ける」という考え。

以下の組織を◎が束ねる。
■   l----Aプラン
ll  l----Bプラン
□------Cプラン
ll  l----Dプラン
△  l----Eプラン
ll  l----新しい風(新情報や新ネタや参考書など)
▲▲▲



【各プランの例】
A銀行業からそれを達成しようとする者、
B0ポイント制度の定着から達成しようとする者、
C精神面からそれを達成しようとする者、
DA案とB案を合わせて何か出来ないか考案する者、
E全体を支援しようとする者。


【本スレ及びそれに相当する情報交換所の活用方法】
  • 情報交換
  • 自分の案へ対する意見収集
  • 協力要請
  • 他の新規情報
  • 妨害者情報の共有
  • 全体動向の把握
  • etc

【今現在考えられる問題点】
上記組織で活動する場合、以下のような要素が必要となる。
  • ひとりひとりがうんこ主義を深く理解した上で
  • 得意な分野で生き生きと才能を発揮し
  • 自身のゆるぎない理想を信頼しつつ
  • 他人の考えをリスペクトし
  • 時には柔軟な路線変更ができる。
  • その根幹は「愛」と「思いやり」

このように、本格的に運営していこうとする場合、
各プランの責任者は個々に任される事になるので、
中途半端な気持ちで大規模なプランを立ち上げてしまった場合、
途中で進まずに空中分解する者が多数現れる可能性がある事。
そのため、自分が今出来る事から始めよう。


今回提案する組織は、
ゲリラでも無く統制タイプのミラミッドでもない、新しい組織であるため、
未確認の問題点が今後発生する可能性がある。
そのため、少し修正していく必要がある。

又、
参加人数が増えてきた場合、簡易的なルールが必要になってくると推測されるので、
会議方法を多数決型にするのか、それとも違う方法にするのか、あるいは
ルール無しで運営していくのかなども、その都度話し合っていく必要があるので、
その点の協力を皆でしていく必要がある。


【問題点の解決方法】
これから発生するであろう膨大な数の問題点は、
その都度話し合って決めて行き、皆と共に歩んで行きたい。

しかし、
万が一うんこネットワークそのものの存亡に関わる事態が発生した場合の解決策を提示する。


+++++++++++++++
「うんこシステムからの脱出計画」
+++++++++++++++


これは、
私が進めていこうと思っている地球離脱プロジェクトと共通の思想なのだが、
万が一の事態が発生した場合の時のために、
うんこシステムに参加していたメンバーの生命の安全を確保するために、
脱出ポッドとなるような離脱時専用の組織形態を今から用意しておくと良いだろう。

メンバーがバラバラになってしまった時、
もう一度誰にも知られる事無く集まれるための方策を用意するという事。


以上。