モンスターハンター


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


概要


第一作が2004年3月11日に発売されたハンティングアクションゲーム。 オンラインプレイに対応しているが追加料金が必要な上に、そもそもゲーム自体が地味過ぎたので評価は標準。後に追加ディスクのGを生産。この際に追加された「双剣」と呼ばれる武器種が厨房達に大ウケ、評価は概ね人気作と呼べるまでに持ち上がった。
業界屈指の精度を誇る物欲センサーなどで、数多の厨房たちを惹きつけて止まない。
また、PSOを手本にしたとスタッフが発言し、盗作騒ぎとなった。しかし、世界観もゲーム性も、PSOより遥かに厨臭かったため、「盗作ではない」と否定する意見が多数を占めた。
PSOを手本にしたため、糞ゲーからは糞ゲーしか生み出さない結果となった。

子供への悪影響


このゲームは巨大な鉄塊を担いだムロフシ達が、恐竜の子孫達の頭部を袋叩きにした上に、罠に掛けて麻酔投与、捕獲するといった自然破壊且つ人間の残虐性を前面に押し出し過ぎたゲームであるにもかかわらず、漫画化作品がコロコロコミックや少年ライバルにも掲載されていたりする。
もし厨房が殺人を起こしたときの家宅捜索において、このゲームが出てきたら、カプコンや小学館にクレームが起きるのは勿論の事、民放などで「ゲームが悪い」などと見当違いの非難が懸念される。

武器


砲モロコシ   

P2Gから追加された至上最強のガンランス。なぜトウモロコシがガンランスになるのかは永遠の謎だが、砲撃が優秀なので厨に愛される。上位互換に大砲モロコシが存在するが、砲撃のレベルが拡散5である。そのため、砲撃は全ガンランス上最強であり、故に厨御用達の龍撃砲の威力も最強である。その上装飾品をつけるためのスロットは3つというバランスブレイカーであり、無双の存在。また、付属する盾は麦わら帽であるが別に海賊王を目指したりというようなことはないようだ。

デスギア系装備

見た目からもうすでにイタい装備。「剣術」目当てで装備するものもいるらしいが、たいていは見た目重視の厨なのが現状である。 Fではスカルフェイスとフロストリーパと組み合わせて使われる。テーマは死神の代行人、かな・・・

ポリタン

ゲーム雑誌電撃プレイステーションのマスコットキャラクター。振り回すと変な音がしたり溜めると大きくなったりする。雷属性のハンマーとしては普通。

フェイク系

モンスターの生首を模した装備。そのモンスターを象徴したスキルが付いている。生産には大抵そのモンスターの頭が必要でありハンターは首狩り族と化す。防御力が非常に低いのが難点だが、P2Gではそれを補うため40回以上強化できたりしてハンターの財布を直撃している。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。