|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

JARO


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

http://ecweb1.avexnet.or.jp/sa4web/050930info.htm
(のまネコは)マイアヒ・フラッシュのイメージを残しつつ新たなオリジナリティを加えて
『別のキャラクター』として描き下ろされたものであり
これにより、
エイベックスの公式発表は、PVのキャラクターは「のまネコ」ではないと確定される。
よって、のまネコグッズをPVのキャラクターのように広告している全てが『不当表示』になります。

マイアヒ・フラッシュの知名度が「のまネコ」グッズ販売の一助になると考えておりました。
にも拘らずフラッシュの知名度を借りて、別キャラクターの「のまネコ」を売ろうとしている。

のまネコ=PVのキャラクターとして広告している店(ゲーセン等)を見つけたらJAROに通報。
ポスター等が不当表示の場合は、そのポスターの配布元も通報しましょう。




①製品版PVの原版には、AAキャラクターが出ており、PVとはキャラクターの口元などが違うだけで
 動きもほぼ同一なため、消費者がPVを「AAキャラクターの出ているもの」と誤認する恐れがあった。
 モナー等のAAキャラクターとPVのキャラクターは別のもの」と言うことを
 CDや広告に記載する必要があったのではないか。

②①のような問題があるにもかかわらず、「ネットで大人気のネコ」等の宣伝文句や、
 2ちゃんねる特有の顔文字やAAを宣伝に使ったものがたびたび見られた。
 これらは誤認を誘発するものではないのか。
 なお、上記アドレスの公式発表文に『アスキーアート文化をバック・グラウンドとしてもつ
 マイアヒ・フラッシュの知名度が「のまネコ」グッズ販売の一助になると考えておりました。』とあり、
 この宣伝方法が故意に採られたものであることは明らかです。

③「恋のマイアヒ」を扱う着メロサイトなどで「2ちゃんねる出身のネコ」と書かれていたこともあった。
 関連業者すら誤認するようなキャラクターは問題ではないか。
 エイベックス社には、関連業者に「モナー等のAAキャラクターとPVのキャラクターは
 別のもの」ということを伝える義務があったのではないか。

④エイベックス社は「のまネコ」のグッズ展開を始めたが、「PVのキャラクターとのまネコは別のもの」と
 主張しているにもかかわらず、PVのキャラクターであるかのような宣伝を行っている。
 具体的には「マイアヒ」「のまのまイェイ」等のPVを連想させるキーワードが
 商品そのものや広告に書かれているが、問題があるのではないか。
 「PVのキャラクターとのまネコは別のもの」とグッズや広告に記載する必要があるのではないか。

html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。
html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。