藤城 由希


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

藤城 由希(ふじしろ ゆき)* ヒロイン

10代。
後天性眼疾患のために高校に通うことができなかった。ほぼ視力をすべて喪失しているため、外出もままならない。両親が共働きのため、ずっと家にこもっていた。見かねた両親が、同年代の友達がいる鳥之宮医院のビハーラに入居させた。
入居後は、かつての明るい性格を少しだけ取り戻しつつあるが、普通の女子高生として高校に通うという夢は叶わず、人生に不安や絶望を感じている。
眼以外は悪くないが、外出するときは常に車椅子に座っている。


◆性格
大人しい、が絶望の底に沈んでるわけではない
どうにか前向きに生きていこうとしてる、プラス思考
どこかあどけなさが残ってる

◆一人称
あたし

◆呼称
相川 博也:相川先生→相川さんor博也さん→博也
沢越 ひなた:ひなたさん
塚原 勲:塚原さん
豊平 あゆむ:豊平さん
常盤 小夜子(仮):小夜子ちゃん
鳥飼 友七郎:鳥飼先生
患者さん:姓にさん
ビハークの入居人:名前にちゃんorくん
(担当するシナリオさんが最終決定してくれれば)

◆容姿(キャラデザ)
車椅子
眼帯


後々絵はっつけます

◆全体のプロット

起 眼が見えなくなり、病院へと入院していた藤城由紀。
  その由紀のもとに、研修医の主人公が訪れる。
  二人は知り合って、何度も話し合う内に、少しずつ信頼関係を築いていく。
  しかし、まだ由紀については謎が多いままだった。

承 二人で会う日々は続き、ある日いつものように主人公は由紀の病室へと向かう。
  そこには、何かを手に泣いている由紀がいた。
  何か事情があるのだろうかと心配していた主人公に気付き、
  心配ないよ、と由紀は伝える。

  その、由紀の中に隠された気持ちとは裏腹に。

  またある日、自宅?寮?で寝ていた主人公のもとに、一通の電話が入る。
  「藤城由紀が、手首を切って倒れている」
  そんな連絡を聴いて、すぐさまかけつける主人公。
  しかし、それは由紀の作った虚実の出来事だった。

  周りの信頼関係はどんどん崩れて行き、
  由紀はとうとう、全く会話を交わさなくなってしまった。

  主人公は、ある時看護師に由紀の過去の話しを聞く。
  実は、以前由紀には付き合っていた人がいて、
  由紀に酷く暴力を古い、由紀をほったらかしにして遊び、
  由紀が傷ついてしまっていたことを知る。
  しかしそれでも、その彼氏にもらったペンダントを、いまだに大切に持っているのだという。

  その後、主人公が病室に向かうと由紀はペンダントをなくし、探していた。
  しかしペンダントはどこにも見当たらず、主人公は夜が更けるまで探し続けた。
  光を失ってしまった由紀の、唯一大切な宝物であるペンダントを、
  失わせるわけにはいかないと考えたのだ。

  しかし、それ以降も、ずっとペンダントは見付からず、
  由紀も主人公も諦めかけていた。

転 そんな日々の後、突如由紀に見舞いの者が訪れる。
  同い年ぐらいの青年で、由紀の病室へ行きたいと言い出す。
  しかし、由紀はそのとき高熱を出していて、きわめて危険な状態だった。
  今、由紀とあわせる訳にはいかないと言って、主人公は青年を追い出した。
  だが、その青年こそが、由紀の昔の彼氏だったのだ。
  青年は由紀が一大事であることにショックを受けて、
  こうなったのは自分の責任だと、自身を追い詰めていた。

  そして、由紀が緊急治療室に入れられ、さらに一週間が過ぎた頃。
  また主人公のもとに、一通の電話が入る。