MikuMikuDance(Multi-Model Edition) ver.6 & ver.7 について


サポート

バグ報告

したらばのMMDバグ報告スレへ
したらばのMikuMikuDance板には初心者、アクセサリ関連のスレッドもあります
※バグ報告を行う場合は、利用されているMMDのバージョンを正確に伝えてください。
※本バージョンについては現在開発中の為、不具合が多数含まれている可能性があります。ご注意下さい。


概要

3DエンジンをDirectX9に変更

vista,windows7での表示向上
DirectX7~9.0bまでしか入れてないPCでは、DirectX9.0c以降で、ある程度新しい(※)ランタイムが必要となります。
※ファイル名を指定して実行ー>dxdiag で表示される、DirectXのバージョン自体が同じでも、DirectX9.0cにも違いがあります。
 "d3dx9_32.dll"がないなどのエラーメッセージが表示される場合は、新しいランタイムを入れてください。
MicrosoftのHPなどからパッケージをDLしてインストールして下さい→Download DirectX 9.0c End-User Runtime

起動時に"d3dx9_32.dllが見つかりません"と表示されるた場合
最新版のDirectXエンドユーザーランタイムをインストールして下さい。
それでもエラーが出る場合は、以下のプログラムがインストールされていないからかもしれません。
□.NET Framework2.0以上
リンク:□.NET Framework 3.5 Service Pack 1
□Visual C++
リンク:□Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)
(これらをインストール後、再度実行したら起動した例あり)

DirectX9に変更点
  • アクセサリ(xfile)の頂点数上限が42億個にアップ
    (モデルはpmdの形式が古い為未対応(65535個))
  • テクスチャ画像形式に透過PNG等、色々追加
  • アンチエイリアス対応(グラボによる)
  • スペックの高いグラボでの速度向上
  • vista,windows7での表示向上

セルフシャドウ

モデルの影が自分自身や他のモデルに映ること。

解説動画
樋口氏による解説と仕様

セルフシャドウが出来る条件(上記の解説動画より引用)
グラフィックボードが
  • シェーダーが3以上に対応していること
  • 浮動小数点テクスチャに対応していること

アンチエイリアス

画像の輪郭のギザギザ(シャギー)を背景となじませて目立たなくする画像処理。
  • グラフィックボードによるアンチエイリアス対応
    設定方法:アドバイス/エンコード
  • アンチエイリアス対応でないグラボでのAVI出力に擬似アンチエイリアス機能も追加
    (AVI出力はα対応コーデックで出力すれば自動的にα付きで出力されます)

材質への仕様追加

  • セルフシャドウ追加に伴い、透過値αが0.98の場合はその材質のみシャドウを落とさない。
  • 輝度shininessが0だと黒く表示されるPCがあるので、MMD側でshininessが0の場合は 0.1に強制的に修正

その他主な変更点

  • toonxx.bmpを本体に収納:Dataフォルダ内に置くとデフォルトのtoonと入れ替える仕様に変更。本体に収納されたため、toonを削除しても表示されます。
  • テクスチャの管理をフルパスの名前に変更
  • ヘルプメニュー内に全てのテクスチャを更新して読み直す機能追加
  • フレーム窓をドラッグ選択できる仕様追加
  • 鏡音リンact2モデル追加
  • 別窓表示追加
  • モデル編集時のカメラ回転の中心を選択中のボーンとする機能追加
その他の変更点は、MikuMikuDance付属のreadmeファイルをご覧ください。



解説記事リンク




コメント
リンク切れ報告など
コメント:
  • 出力 MP4 (2012-09-10 00:12:55)