MIkuMikuDanceに関わる拡張子一覧


分類 拡張子 種類 説明
3Dモデル(オブジェクト) .xx MMD固有 MMDver.2以前のモデルフォーマット
pmdの下位形式。変換用のツールは公開されていない
.pmd MMD固有 MMDver.3以降のモデルフォーマット
MMDでは「モデル」と呼ばれる
.pmx MMD固有 MMDver.7.31以降のモデルフォーマット、pmdの上位互換
.x 汎用 MMDでは「アクセサリ」と呼ばれる、「モデル」とはシェイダーが異なりエッジがつかない。テキスト形式とバイナリ形式がある。
アクセサリ配置データ .vac MMD固有
(.txt file)
アクセサリ配置データ、ver.2以降より必須ではなくなり、xファイルを直接読み込み本体上で配置できるようになった。テキストエディタで編集可能
ポーズデータ .vpd MMD固有 ポーズデータ
表情は保存されないので表情も保存したい場合はモーションとして保存する
モーションデータ .vmd MMD固有 モーションデータ
ボーンや表情名は 15byte しか記録容量がないためそれより長い名前のボーン、表情を持つモデルでは正しく読み書きできない
ver7.40よりモデルの表示・IK情報が保存できるように変更
歌データ .vsq 汎用
(VOCALOID2 Editor上で作成)
MMDに読み込むリップシンクを作成。MikuMikuVoice他でも作成可。
動画 .avi 汎用 出力時 :α出力、NVIDIA 3D Visionによる3D-AVI出力機能あり
静止画像 .bmp 汎用 背景画像、テクスチャー利用可。「screen.bmp」の名でテクスチャーにしようすることによりAVIを映す機能あり
.jpg 汎用 Ver.5.17以降のモデルテクスチャ、Ver.5.21背景BMPの読み込みに対応
.png 汎用 Ver.6.00以降テクスチャー利用可(透過情報あり)
.tga 汎用 モデルテクスチャー(透過情報あり)
.dds 汎用 モデルテクスチャー(透過情報あり)
.hdr 汎用 モデルテクスチャー(HDR、透過情報あり)
.sph MMD固有
(.bmp file)
pmd/pmxのスフィアマップ用ファイルで乗算、
(BMPの拡張子を書き換え)
なおpmxではbmpなどでもスフィアマップとして割り当て可
.spa MMD固有
(.bmp file)
pmd/pmxのスフィアマップ用ファイルで加算、
(BMPの拡張子を書き換え)
なおpmxではbmpなどでもスフィアマップとして割り当て可
プロジェクトファイル .mmd MMD固有 MMDver.2以前の専用プロジェクトフォーマット
.pmm MMD固有 MMDver.3以降の専用プロジェクトフォーマット
Ver.9.00(2014/03/15)でフォーマットが変更された。互換性は無いが新バージョンのMMDでは旧バージョンのpmmの読み込みが可能。
音楽 .wav 汎用 BGMとして利用、AVI出力時は0フレームからのときのみ出力
エフェクト .fx 汎用(?)
(.txt file)
外部拡張のMMEに使用するエフェクトファイル
HLSL(High Level Shading Language)というプログラミング言語で記述する、テキストエディタで編集可能
MMEプロジェクトファイル .emm MME固有 MMEの設定保存ファイル
kinect関連 .oni 汎用 OpenNIの.oniファイルを読込機能がある

補足
PMDとVMDで、ボーン名の長さ制限が異なる(PMD:20バイト、VMD:15バイト)
アクセサリの材質がα=1の場合、TGA形式のテクスチャは透過しない

関連ページ



関連リンク

Maniac Bamboo
みくだん
かんな氏


コメント
名前:
コメント:
  • 捕捉、修正あればよろしくお願いします。--pianika(2012-01-12)