掲載順番:あ~ん、A~Z、0~9、その他


【た~と】

タカコンP (takakon)

「京都の通り歌」でMMDデビュー。以後、Band Edition的な作品や、アニメOP再現など、幅広い作品作りに挑戦している。
Pタグ】【作品リスト】【大百科
代表作

たこどりるP

たこルカのMMDユーザモデル」としての3体目となる「MYたこルカさん」の制作者。一番幼い顔つきのモデルだが、頭からドリルが出てくるなど、非常にシュールな特徴を持つ。他にも、個性的なモデル制作も手掛けており、MMD作品に彩りを与えている。
Pタグ】【大百科】【作品リスト
代表作

だめもと鉄道@萌え鉄GirlP

Pタグ
代表作

だんちゃんP

Pタグ
代表作

ちびでこ

丁寧なつくりと見せ方の上手さが光るうp主。
Jokerで新境地を開拓。

長拳P

長拳、カポエラなど武術系を得意とするうp主。当初はエンコが苦手だったらしく画質やアス比に関するコメが目立った。

ちょろーん

「初音ミク(一級)による射法八節【MikuMikuDance】」で新ジャンルを確立。武術演技の先駆けとなった。とても真面目な作品の中にもギャグではない楽しさを盛り込み、見る者に退屈させない。
代表作
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3947692

ツブラヤP

SDタイプのウルトラマンを髣髴させるディフォルメ感がかわいらしい、「ミクトラマン」にてMMDデビュー。特撮バトル特有の雰囲気を丁寧に作りこんでおり、その為にはモデル改造も怪獣モデルの作成も厭わない、ネタだけで終わらせない、愛溢れる作品を手掛けている。名シーンの再現も見所。
Pタグ】【大百科】【作品リスト
代表作
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8289069

ヅラ高いP


デコスカP(ロンシャン)

軽快な動作から生まれるスカートや前髪の動きがリアルで初音ミクの魅力を引き出している。

テンコウP(ドルググ)

MMDでゲルググを見たらテンコウPで99.89%間違いはないほど有名。MMD参加当初から独自モデル(アクセサリ)の制作や、オリジナル楽曲の制作を行っている。また、MMD職人の中でも群を抜いて多作であることも特徴。完全に独特な世界感で表現されるMMDの作品達は、一度はまるとサムネを見ただけでクリックせざるを得ないほどの中毒性を有する。

天使炎

作品リスト
代表作
: nicovideoエラー ( 正しい動画URLを入力してください. )

とああP (code:f)

とああぁ↓

父ちゃんP

自称40代のMMD動画制作者。今のところ、公開モーションを使った作品が多いが、随所に工夫を凝らすなど、作品に個性を出している。なお、ネルの登場率が若干高めの模様。要観察。
Pタグ】【大百科】【作品リスト
代表作
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7156606

ドロヌマP

「初音ぬんちゃく」でデビュー。27秒、台詞なしながらも緩急つけたテンポでオチまで見事に表現しきる。ショートコメディー風作品を得意とする。コネタも多く、突っ込み所は満載。

【な~の】

生足P (アナベベ)

モデル改造も出来なかったMMD2.x時代に、アクセサリで生足を再現し、多くのMMD民を混乱に陥れたP。愛くるしい笑顔のミクを表現することがうまいが、第1回MMD杯ではテーマ「えーっ」に参加、「予想不可能賞」を受賞。文字通り、多くのミクファンをさらに混乱に陥れた。タグにはP名よりも「モンゴリの人」と付くことが多い。(関連動画

肉マンP

MMDでキン肉マンの技を再現した「キンミクマン」シリーズを手掛ける動画制作者。現在はMMDから離れている様子。今後の復活に期待。
Pタグ】【大百科】【作品リスト
代表作
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7635985

にゃにゃん


にょんにょんP

モデルの可愛さをモーションを通じて表現。今後の活躍に期待
作品リスト
代表作
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8344401


ぬこだいすき

第3回MMD杯は残念ながら遅刻となってしまったが、精巧に作りこまれたモデルとアクセサリーの完成度は驚愕に値する。P90の分解戦車による反撃など、近代・未来兵器への造詣が深く、自衛を目的としたMMD界の軍拡への活躍が期待されている。

ネギ焼きP

MMD作品制作当初はMGSやMHPのゲームの再現が多かったが、当初から感性豊かな作品を展開。オリジナルのアクセサリのみならず、オ○マ氏やサムスのモデルを自作するなど、様々な方法で作品を多数制作している。P名の由来はMHPの再現をボーカロイドが行った「ネギ焼きシリーズ」から。

ネクタイP

うp主自ら「ネクタイになっちゃった!」と公言したところから始まるうp主の世界。

ネコ耳P

バンド活動をしている高校生の日常を描いた動画を製作している。独自の世界感と、完成度の高いバンド演奏、派手さは無いが自然なボカロ達の喋りで、視聴者を楽しませている。P名は初投稿作品で、ネコ耳をつけていたことに由来。

ねこやま(ミクンゲリオンP)