ヲチャー文庫 GS美神

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 「Dance with Fox」(逢川桐至氏/「夜華」「T.A.'s Field」)
  ※「物語の中で変わっていくタマモの心情の変化が上手い」「タマモのORIGINと化してしまった書き手も多いほどの代物」
   『連載中』
  • 「ETY」(kou氏/「夜華」)※【裏技】「横島×タマモ物」『卵から孵った妖怪を娘として育てる話。 完結』
  • 「GSネクスト・ジェネレーション」 (ハウス氏/「夜華」)
  ※【裏技】【最低系】「未来から娘来訪な話」「横島な日々の三次」『横島ハーレムでの次世代物。未完』
  • 「GS真友青春大作戦」(梶木まぐ郎氏/「残照」)※【両論】
   「半ばオリキャラと化しているが、氏の世界観としっかりした人物設定が、違和感無く読ませてくれる」
   「人を選ぶ」「半ばじゃなくて完全オリキャラ化」「アンチU-1北川厨系のSS」
   『真友を主人公とした成長譚。タマモは横島の奥さんの一人。中三編は完結。高一編は未完』
  • 「GS美神 リターン?」(Wandering Monster氏/「夜華」「Wandering Monsterのねぐら」)※【両論】
   「大逆転シナリオのIF続編」「最低要素を抱えているが、原作の雰囲気を保ちつつ結構うまく使いこなしている」
   「光る部分もあるけど、丁寧を通り越して冗長過ぎる」「前提の大逆転が結構痛い」
   『時空消滅内服液による逆行物。 サイト内の倉庫にて先行公開連載中』
  • 「GS横島 IN Fate」(ブルガ氏/「NT」)
  ※【最低系】「シロと横島がFate世界に行く」「シロの珍道中ネタは無茶苦茶ぶりが結構ツボ」『Fateクロス。未完』
  • 「MISSION」(米田 隆雄氏/「夜華」「NT」)※「希少種のワルキューレ物」『たかす氏のイラストは高評価』
  • 「Once more」(enin氏/「夜華」)※【裏技】【最低系】
   「娘が未来から来る」「横島がほとんどでない、オリキャラが敵の話」『完結。 プレストーリー 「Perfect man」は未完』
  • 「『アイツがいる世界。』」(核砂糖氏/「NT」)
   ※「落として持ち上げてまた落としてというか、緩急のリズムがすごくいいな。」『壊れアシュ物。未完』
  • 「後始末の日」(JING氏/「夜華」「火群」)※【裏技】
   『原作終了後も日々の生活を全うしながらルシオラ復活を諦めない横島の物語。夜華閉鎖後火群に移転して完結。ただし、現在は削除』
  • 「奥様は魔女」(海鼠醤油氏/「海鼠醤油亭」「夜華」)※【裏技】「魔鈴物で魔鈴が壊れてない数少ない良作」『完結』
  • 「小笠原エミの心情」(テイル氏/「NT」)※【最低系】
   「案外面白かった」『ワケワケ言わせすぎていますが、エミが横島に惹かれる描写がしっかりあります。完結』
  • 「お祓いしませう!?」(Astaroth氏/「NT」)※「……とりあえず帰ってきてくれ……」『美神と出会う前にタマモと出会った横島の物語。未完』
  • 「彼がタマネギを嫌う理由」(豪氏/「火群」)※『おキヌを追想する横島の物語』
  • 「きっと一緒に」(無気力娘氏/「NT」)
  ※「期待させといて、あっさり序盤でフェードアウトしていった憎い作品だw」『横島と美神の娘が事故で逆行してくる話。 未完』
  • 「虚言症」(PP-1氏/「夜華」「SSS(旧「Shining Sirius」)」)『ひのめ一人称のイタ物と見せて……な作品』
  • 「サクラ、サク」(PP-1氏/「夜華」) ※【裏技】「おキヌちゃんのほのぼのとしたSS」
  • 「三人の女傑」(JING氏/「夜華」)※【裏技】「タイガーが大活躍する(ある意味)怪作」『完結』
  • 「贖罪から続く道」(朧霞氏/「火群」)
  ※「西条がアレになったり、オリキャラがアレだったりしなければかなりいいと思うんだが」『原作アフター物。未完』
  • 「除霊委員シリーズ」(犬雀氏/「NT」)※「更新楽しみだった」『犬雀氏の処女作。 続編の除霊部員シリーズも完結。除霊部NEXTは未完』
  • 「ソードダンサー!」-あるいは-「Ghost Busters」」 (臥蘭堂氏/「夜華」「書肆 臥蘭堂」)
  ※「脱力ギャグとGSのお笑いを見事に表現していた」『ヘルシングとのクロス作品』
  • 「そらのあしおと」(濁水氏/「NT」)※「続きが読みたい」「美神と横島が揃って逆行する設定、しかも即やりまくっちゃう話」
  • 「大霊障」(infarm氏/「夜華」)※【裏技】「美神と横島のらぶかゆが良かった」『文珠の事故で横島と同世代となった美神がヒロインの作品』
  • 「例えばこんな彼の一日シリーズ」(豪氏/「火群」)
  ※「アイデア取っても文章で見ても流石は豪氏って感じで楽しめた」[ラスト部分で余韻が感じられて、良い歌を聴いた後に感じる心地よさがある」 
  • 「ダブルフォールト」(こーめい氏/「NT」)※「着想は面白い」『変化球の逆行物。続編有り』
  • 「地蔵和讃」(朧霞氏/「火群」)
  ※「起承転結もしっかりしてるし、GSぽい雰囲気があって俺は好き」『病院跡で聞こえる謎の声にまつわるおキヌ達の物語』
  • 「月に吼える」(maisen氏/「NT」)※【最低系】【両論】
   「少なくとも、読める物だとは思う」「カオスの輝きにやられた」「ちょくちょくすべってるギャグパートが痛々しい」
  • 「夏色少女」(PP-1氏/「夜華) ※【裏技】「泣いてしまい、シロニストになってしまった」
  • 「日と月の間で」(藍月刀(弟子)氏/「夜華」「竜の舞う空」)※一部【裏技】
   「横島を最強のGSと描きつつもバトルで勝つまでの過程がしっかりしてる」
   「性格改変した横島がどういうキャラなのかをしっかりと立たせている」
   『「夜華」版では9話+前話+補足(3.5、4.5話)などがあったが、竜の舞う空での改訂版は2007/3/20現在1話の途中』
  • 「前を向いて後ろに進む」(JING氏/「火群」)※【裏技】
   「逆行系としては珍しくまともだ」『横島タダスケこと逆行横島とヤング横島による物語。 数少ない完結した逆行物長編ながら作者により削除』
  • 「雪蛍舞」(PP-1氏/「夜華」「竜の舞う空」)
  ※「夢枕獏風のダークシリアス、西条もいい味出してる」「文章力があるから名作、系」『サクラ、サクの十年後の物語です』
  • 「横島クンのお仕事」(moru氏/「NT」「モルベヤ」)
  ※「独自の世界観(読者がついていける範囲での)を構築しつつあるのは単純に評価出来る」「基本横島×メドーサだけど、横島×愛子としても良作」
   『連載中』
  • 「横島奮戦録」(硬瓶氏/「夜華」「T.A.'s Field」)※一部【裏技】
  ※「あらゆる最低要素を兼ね備えながらなぜか面白いと思った作品」
   『封仙娘娘追宝録等との多重クロス。美神ヘイトではない横島独立物。 「夜華」版では15話+邂逅編5話。改訂版は2話+邂逅編5話』
  • 「来訪者、横島忠夫」(真空ワカメ氏/「NT」)※【両論】
   「横島が原作に近いから、案外読める」「魔人舐めすぎ」「ランス世界にGSの空気を侵蝕させたような感じ」『ランスクロス。 連載中』