彼と彼の故郷について (仮題) 萩の歴史
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

萩の歴史


書き込み
できるだけ年号を記載し、時系列順に並べてください。
基本的にはテキスト入力した通りに表示されます。
wiki構文を使いたい場合には、右上の ヘルプ@wiki を参照のこと。また、このページを編集する 画面の下の方にも説明があります。



毛利家の歴史


土地の歴史
  • 萩城・城下町
毛利輝元が関が原の合戦に敗れ、周防・長門の二国へ減封された際、幕府から築城を指示されたのがこの萩の地であったそうだ。航空写真を見ると簡単に判るように、萩は目の前を海、二方を川に囲まれた水郷である。当時の指月山は阿武川下流の松本川、橋本川に囲まれた三角州に孤立し、湿地帯が多かった。そのため築城作業は、指月山南東麓の埋め立てから始まったと言われる。輝元が慶長9年に居城を構えてから260年間、36万石の城下町として栄えた。
(昔の萩市観光用パンフレットより。完全な引用文ではありません。こちらでアレンジしています)


その他トピック
 -1552年(天文21年)12月9日 周防 宣教師トルレスが信徒を招き、夜を徹してデウスを賛美する-


萩焼
  • 沿革:文禄二年(一五九三)毛利輝元が文禄の役から帰国する際、朝鮮の陶工李勺光と李敬の兄弟を連れ帰り、窯を築かせたといわれる。
  • 技法:白っぽくて多少厚みのある釉のかかった陶器が主で、いまでも松の薪を燃料とする登り窯を使っているところが多い。
  • 特色:手ざわりも口あたりも柔かく、お茶を入れたとき冷めにくい。使う人の心に応じて、やきものの色も品位も変わり「萩の七化け」といわれている。
(集英社 日本の技8 山陽・四国 潮の技 S58.11 より引用)



◇記入および追加をお願いします!

彼の故郷へ戻る
アクセス数( - )【yesterday( - )/today( - )】



コメント最新10件
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る