彼と彼の故郷について (仮題) その他トピック 初めてのクリスマス
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

山口の司祭館で日本初のクリスマス


1552年(天文21年)12月9日 周防

宣教師トルレスが信徒を招き、夜を徹してデウスを賛美する


 西暦では12月24日のこの日、山口の宣教師コスメ・デ・トルレスらが、司祭館に日本人信徒を招いてクリスマスの祝いを催した。
 修道士のジョアン・フェルナンデスがデウス(神)の話を人々に聞かせ、疲れてくるとローマ字のわかる日本人信徒の少年が、かわりに朗読した。2人が話をやめると、日本人信徒たちはもっと創造主の話をしてほしいと催促した。一同は夜を徹してデウスを賛美し、翌朝、ふたたびミサと説教を聞いたのち、全員に食事がふるまわれた。
 トルレスらにとっては来日して以来4回目のクリスマスだったが、この日はじめて日本人信徒とともに祝うことができた。これには、先にインドに戻ったフランシスコ・ザビエルが派遣し、8月にインドから豊後の大友宗麟(義鎮、23)のもとに到着していた宣教師バルタザール・ガーゴも列席した。トルレスは、最初の教会堂となる大道寺創建の許可を8月28日に大内義長から得ていたが、落成は3年後のことで、この日のクリスマスは仮住まいの司祭館で行われた。
 こののち、ガーゴらは京都にむかうが、山口は1556年毛利元就によって兵火にかかるまでの5年間、キリスト教布教の本拠となる。

(講談社 クロニック 戦国全史 1995.12 引用)