ストーリー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ストーリー

 

“Heed my words, for here comes the age of the sword and the axe, the age of the wolfish storm.
Here comes the Time of the White Cold and White Light, the Time of Madness and Contempt, Tedd Deiradh, the Time of Ending.
And the world will die away slow, frozen in ice and covered with snow…”


-- The Prophecy of Ithlinne Aegli aep Aevenien



The atrocities of war are only bettered by those of its aftermath, when those unfortunate to have survived are not aware of the ruin and devastation to come.

Having barely repulsed the armies of the South, the Northern Kingdoms fell into an unwarranted state of self-awe -- spurning the alliances of yesterday and regaining their forlorn propensity to bicker amongst themselves; they readily level the tips of their swords at each others’ throats in wanton accusations of treason, and all the while the enemy regroups and rejuvenates.

And where do you enter this picture, you ask? According to official reports, you’re dead -- killed by the very people you sought to protect during one of the non-humans pogroms. As you can see, my friend, it does not always pay to protect the oppressed -- in particular if your only motivation for doing so is based on moral conscience.

It will take more than a nation-wide revolt to dispatch you to the afterlife. But you may be wandering how it is that you suddenly reappeared? This is something you will discover in due course. For the time being, there are more pressing matters in hand -- an organized band of aggressors has somehow found the Witchers’ mountain stronghold of Kaer Morhen and begun its assault in an attempt to appropriate the dangerous knowledge of Witcher elixirs. Your brethren will call upon you to defend your clandestine heritage, for the mass production of such potions would mean nothing less than doom for the common people who take them. So, you will begin an investigation that will lead you to discover both yourself and information that will also prove deadly.

I wonder, how soon will you begin to regret returning from the dead?

(http://www.thewitcher.com/community/en/game/story.html より引用)

 
------------------------------------------------------------
*意訳です

 
「よく聞きなさい、剣と斧の時代、荒れ狂う騒乱の時代がやがて訪れるでしょう。
白い冷気、白い光、狂気と侮蔑、Tedd Deiradh、終わりの時が。
世界はゆるやかに死に行き、雪に覆われ、氷に閉ざされるでしょう。」


-- Ithlinne Aegli aep Aevenien の予言



戦後の暴虐によって戦時中の暴虐がようやく鎮められる。
だが、不運にも生き残ってしまった者たちの中には、来るべき破滅と荒廃に気付く者はいない。

北方の王国(人間の国家)は南からの勢力を辛くも駆逐し、その結果、分不相応にも慢心に陥っている。
彼らは自らの傲りから戦時中の同盟を破棄し、さらに人間同士で哀れな小競り合いを始めている。
これという理由もなく反逆罪の疑いを互いに投げかけては、喉元に剣を突き付けている。
そのような慢心が、敵に軍の再編成と復活の猶予を与えているのだった。

公式な調査報告によれば、君(Geralt)は死亡したことになっている。
非人間への迫害から保護しようとして、あなたが探し出したまさにその者(Striga)によって殺されたと。
わかっているだろうが、こういう類の仕事が必ずしも割に合うとは限らない。
とりわけ仕事の動機が道義的な良心のみに基づいているような場合には。

ともあれ、全国規模以上の反乱でも起こらない限り、君が実際に死んでしまうことはない。
でも、どんな風にいきなり登場するのだろう?と君は思うかもしれない。まあそれはいずれわかる。
差し当たって重要なのは、Kaer Morhenにある山砦がどういう訳か侵略者の一味に目を付けられ、
witcher秘伝の霊薬に関する知識を手に入れようと襲撃を受けていることだ。
君は山砦の仲間から、その秘伝の遺産を守るように要請されることになる。
その霊薬が大量生産されれば、一般の人々に甚大な被害を与えかねないからだ。
かくして君は、侵略者の一味による事件の調査に乗り出す。
それは、君自身の発見と命取りになることがいずれ判明するだろう情報の発見へと続く。

命懸けの長い旅の始まりに言うのは恐縮だが、ここに生還してきたことを後悔しないように。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。