※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

旅人

▼ディルランディア皇国
機械技術が高度に発達した群島諸国。
統率者は皇帝であるヴィルヘルム・K・ディルランディア。旗艦は潜水筐体ディルグランド。
初代皇帝がグランドロアの男性だったと言う噂があり、事実グランドロアのスペーステクノロジーを使って高性能な兵器の数々を生み出している軍事産業国家である。

直接的な軍事行動は自衛のためだけに止めており、軍事特需で得た莫大な資金を周辺諸国への援助に使い国際貢献を行っている。
兵器や工場を動かすためにとエネルギー開発が積極的に行われており、多くの燃料を保有、生産しているようだ。
最近では航海での生活も危険が多くなったため、一般市民が島で安全に暮らすための事業を進めている。

軍事国家であるため軍隊の規模はかなり大きく、大雑把に以下の通りに分類される。

正規軍・・・所謂、普通の軍隊。
行政部・・・援助物資の運搬や地質調査などの戦闘以外の部門を担当する部門。
近衛兵・・・皇帝直属の少数部隊。
六将軍・・・ディルランディア皇国で皇帝に次ぐ最大権力を持った6人の将軍。
諜報部・・・公には認識されていない特殊工作員。

自ら侵略戦争を行う事は稀で、諜報部による謀と国際貢献をバランスよく行っている。

▼海賊・べオウルフ
アルフレッド・ファウマンという仮面の剣士が率いる、眼帯の狼の海賊旗が目印の海賊船団。
悪名が高く、商船や旅客船を襲撃しては金品や身代金目的の誘拐をなどを行っている。
規模は海賊にしては大きく、戦艦や少数の人型潜水機を中心に構成される。
海賊業以外にも、依頼されれば傭兵業も行う事で有名だが、依頼主を裏切る事も多々あるので信頼できる相手とはとても言えない。

○ディルランディアの皇帝と六将軍だけが知る事実としての情報
率いているアルフレッドはディルランディアの六将軍の一人≪剣狼≫ジークハルト・ラインベルグである。
海賊の仕業に見せかけて、ディルランディアにとって邪魔な存在を排除したり、ディルランディアが有利になるような事件を引き起こしている。

●国【ディルランディア】
【白い塊が入っていた機材:財:資10:白い塊が入っていたカプセル、学者連中に売れそう】*3
【コンピューター:財:資10】
【人工生物兵器の塊:不:資15:巨人達と同じ材質で出来た肉片、珍しい】*2
【嘆きの指輪:呪:資5:女性が持った瞬間発狂する】
【海底ワイン:特:資7】

●団【フェイの船団】
【回復装置群:燃40:25人:資125:1ゲーム15名まで完全回復。装置5個分】増層