焼き鳥屋

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

昨日はお休み、一人勉強のためタマプラの焼き鳥屋へ。

 1件目に入ってオーダー。
「鳥の刺身盛り合わせと皮、ボンジリ、つくねをください」
 とオーダー。
「すいません、刺身日曜のためないんです」

僕「じゃあ串のほうを」店「すいません全部終わりです」
僕「仕方ないですね。じゃあレバー、ささみを」
店「それも終わりなんです」
僕「何があるんですか?」店「砂肝とせせりしかないんですよ」

 看板には「鳥や」と書いています。これだけしかなければ、僕がビールを飲む前に断りを入れるべきです。
 うちの店で言えば、ジンとウイスキーがないというのと一緒です。

 さっさと2件目の焼き鳥屋へ。
 個人店の夫婦でやっている店でした。お客は僕一人と、ボックスに2人のみ。
 早速、皮、レバーなどオーダー。今度は全部ありました。
しかしママさんが無愛想。

 「1杯いかがですか?」「仕事中なんで」
ほとんど会話が噛み合いません。あげく背中をむけ仕込みをする始末です。
 個人店は焼き鳥よりママさんの人柄のほうが大事です。
人のことを心配している余裕はないのですが、「この店大丈夫かなー」と勝手に思っていました。

 40分くらいの間に芋焼酎のロックを6杯やけのみ。

 休みの日にこんな不愉快な思いはしたくないものです。

 しかし帰りに僕ももっと原点に帰らないといけないなーと思いました。お客さんに不快な思いを絶対にさせてはいけません。自分がお客で行くとよく見えました。
 がんばります。よろしくお願いします。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|



- 人目のお客様
- 人目の本日のお客様


更新履歴

取得中です。

Google
Webhelp.atwiki.jp