専門店

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ソーセージ作りも何とかなりました。これもすべて皆様のおかげだと心より感謝しています。ありがとうございます。

さて何でソーセージなのか?勝手に説明させていただきます。

 これからの時代は特徴のある「専門店」しか残っていけないと思っているからです。いろんな品揃えが豊富な店などは、家で作る価格と同じくらいじゃないと生き残りは厳しいでしょう。

たとえば「バーミヤン」や「サイゼリヤ」などはコンビ二と同じ価格を想定しています。
 「コンビ二のお弁当価格を、店内で温かい作り立てを」が隠れたコンセプトです。どう考えてもこれらの店は、現代の忙しい社会では必要不可欠でしょう。

 当然のことながら、個人店ではこれらのコンセプトを作り出すことはできません。企業の店はスペースも広く、工場のシステムも充実しているためこの価格でも採算が取れます。

 まあ、考えてみれば当たり前なのですが、お店の数が多くなればお客さんはより専門性があり、価値観の高いお店を選択するのは必然です。

 手作りのスモークサーモンやビーフジャーキーなどはそれなりに面白いのですが、やはり二ーズが少ないでしょう。
 そこでつまみにもなり、食事、バーの時間帯でもと考えたのがソーセージでした。
 うまくいくかどうかは全然分かりませんが、がんばりますのでよろしくお願いします。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|



- 人目のお客様
- 人目の本日のお客様


更新履歴

取得中です。

Google
Webhelp.atwiki.jp