携帯電話と感謝


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

8年ぶりに携帯電話を持ちました。

結構うれしいのです。外ではいつも公衆電話を探し、財布の中からメモを取り出して電話をしていたのですが、今はアドレス帳から一発検索。

うん、とても便利です。今まで持っていなかったのは、店に14,5時間いる為、必要性をまったく感じていなかったからです。

 しかし、カウンターのお客さんで携帯電話を扱っている会社の人が現れました。

これを機会にそろそろ持った方がいいと直感しました。

非常に生意気なのですが、この手の直感はかなり高い確率で当たります。これを「炎の感」と勝手に呼んでいます。

これから何か良いことがおきそうで楽しみです。

僕は完全にアナログです。ビデオのタイマー予約もできません。カウンターのお客さんのアドバイスがなければ、携帯もパソコンも持つことはなかったでしょう。

時代から完全に取り残されていたと思います。

アドバイスしていただいた皆様に本当に感謝します
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|



- 人目のお客様
- 人目の本日のお客様


更新履歴

取得中です。

Google
Webhelp.atwiki.jp