圧力鍋


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 男というのは、流行などに流せれずに生きる、したがって携帯持たず、ジーンズもはかず、ましてネットなど論外である・・・と言うのが僕の2年前の考えです。

完全に馬鹿です。頭が悪いのもほどほどにしなさい。と2年前の僕に言います。

調理器具にしてもそうです。カットする調理器具もいろんなものがありますが、ほとんどは包丁3本ですませます。

池田さんから圧力鍋をもらって調理すると、とにかくすごい。

今までは「豚の角煮」を作るときも3日間かかりました。

1日目・・豚をカットして水だけで30分煮てアクを取る。
    砂糖だけ入れて2時間煮る。冷蔵庫で冷やす。

2日目・・固まった油を取る。醤油、オイスターソース、みりん、を加え2時間煮た後味を染み込ませるため、再び冷蔵庫へ。 

3日目・・最後に2時間煮る。完成。

と、こんな作業をして「角煮に3日間時間をかける俺すごい」などと、完全に馬鹿な自己満足に浸っていたのですが、圧力鍋を使うと1時間くらいで完成します。

 しかも中まで完全に味がしみています。

最近の道具の進歩は素晴らしいと実感しました。

これからも頑固にならず新しいものは取り入れていきます。

アナログからデジタルに生まれ変わりますので、よろしくお願いします。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|



- 人目のお客様
- 人目の本日のお客様


更新履歴

取得中です。

Google
Webhelp.atwiki.jp