マックの残業代

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マックの残業代、原告である店長の主張通り
「750万円払え」という判決になりました。

マック側の主張「店長は管理職である」という
主張は退けられた判決です。

確かに全社員5000人のうち、店長は1700人。
こんなに多い管理職というのはありえません。

でも僕が思うには店長は管理職になります。

マックや大手ファミリーレストランなどでは
ある程度、誰が作っても同じ味になるようなシステム
になっています。

しかし、店長の手腕によって売り上げ、経費率
ロス率、など5~7%位差が出ます。

5~7%というのは飲食業にとってすごい数字です。

それでも月に400時間働くのですから残業代
0円はあまりにも惨いことです。

この1/3の値段でお互いに折り合いを
つければよいと思っていました。

残業代を全額支給すると、ほとんどの大手チェーンは
成り立たないでしょう。

「こんなコンセプトで勝負をかけようかなー」
なんて気持ちも僕自身思っています。

問題は店長です。マック同様店長には
厳しく求めるでしょう。

こんなことは誰にもしたくありません。

僕は毎月、当たり前のように400時間以上働きますが
他の人はそうは行きません。

このまま1店舗でいいかな?と思った出来事です。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|



- 人目のお客様
- 人目の本日のお客様


更新履歴

取得中です。

Google
Webhelp.atwiki.jp