母親の小言


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

年に一回実家に帰るのですが、必ず出るのが
母親のこの一言です。

「あんたが中学生のとき○○先生に
家庭環境に問題があるんじゃないですか、て
言われたんだからね」

うちの母親はなかなかガッツがあり
明治生命船橋支社のトップセールスマンでした。

僕に対しての教育方針は「一流大学、一流会社」でした。

対する僕は全然そんなことに興味がなく
「マージャン」「ボンタン」「たばこ」の
当時の不良のアイテム「3点セット」に
力を注いでいました。

母親からすれば、こんな事を言われたことが
すごいショックだったようです。

お恥ずかしい話ですが、10回くらい母親は
学校に呼び出されました。

たしかに僕もいろんなことをしでかしました。

母親に対しては申し訳なかったと本当に
反省しています。


今はこの小言が出ると
「おお、分かった。鮨でも食いに行こうよ」と
ごまかします。

これから母親に少しずつ恩を返していこうと
思っています。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|



- 人目のお客様
- 人目の本日のお客様


更新履歴

取得中です。

Google
Webhelp.atwiki.jp