ハッスルマニア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

11/3横浜アリーナでハッスルマニアと言うプロレス?イベントが行われた。泉元哉、レイザーラモンHGなどが出場していたため、マスコミでも取り上げられていた。それもあってか注目度も高く、会場も超満員だった。試合そのものも従来のプロレスとは全く違うが、それはそれで楽しめた。ちなみに僕はかなりのプロレスファンだ。プロレス=ショーというのが世間の見解だと思う。僕もそれを否定しないし、そもそもプロレスに定義は存在しないのだが、どうもこのプロレスはちょっと違う感じがした。レスラーが主役でないからだと思う。この日は、小川直也や川田利明といった1流のレスラーがでているにもかかわらず、主役は芸能人だということはレスラーではお客さんを呼べないと言うことだろうか?もちろんプロレスリングノアの様にレスラーだけでたくさんのお客さんを呼んでいる団体もあるが、ほとんどの団体は大苦戦している。少し前まではプライドもグレイシーvsプロレスラーと言うような構図がなければ成り立たなかったが、吉田秀彦らの活躍でレスラー不在でも、問題なくなった。僕のようなプロレスファンにとってはちょっと悲しい日だった。 
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|



- 人目のお客様
- 人目の本日のお客様


更新履歴

取得中です。

Google
Webhelp.atwiki.jp