you遊のいろいろ3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

北海道料理くいものや花○は、カニやボタンえび、うになどの新鮮な魚介類が売りで、当時としてはかなり斬新なコンセプトだった。社長が自称アイデアマンだったので(後で暴走することになるのですが)いきなり1000円飲み放題を打ってきた。これで20%位ダウンしたが、このころは店が、少なかった為売り上げもそこそこにあったので、すぐにピンチと言うほどではなかったが、花○はうちの4倍程の売り上げがあったのでちょっと危機感を持ち始めた。(花○はうちの倍のスペースのためせいぜい3倍以内に抑えないとまずい)そこで僕もカニやマグロ、さらに牛肉まで安く仕入れようと考えた。友達の親が松戸で市場を、新小岩で肉問屋をそれぞれ経営していたので3割位安かったが、営業をこなしながら毎日往復4時間の仕入れは体力的にも限界があった。何よりガソリン代や高速料金を計算すると仕入れは安くなっていなかった。こんな事に気ずくのに2ヶ月かかった僕は今振り返ると本当にバカだなーと思う。大量仕入れをしない限り安く仕入れる事は出来ないと始めて分かった。次に花○よりドリンクなどを50円安く出したが、何の効果もなかった。また上から見た時、誰もいないと入りにくいと思い、窓ガラスを木でふさいだ。完全に「し明後日」を向いてる発想だった。このころ1年たった時期で、テレビなどでバブルが完全にハジケ、不況になると煽っていたため、花○もオープンほどの勢いはなく、うちもジリジリと下がっていった。そんなとき白○屋、○たこ亭、Da○など次々に出店してきた。うちは洋風居酒屋に、花○の社長は暴走していった。この暴走は本当に凄かった。今思い出してもこんな人は見た事がない。また次回に。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|



- 人目のお客様
- 人目の本日のお客様


更新履歴

取得中です。

Google
Webhelp.atwiki.jp