you遊のいろいろ4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

花○の社長の暴走は本当に凄まじかった。僕の中では忘れられない伝説の方だ。店の横にものすごい大きな垂れ幕があって、次々にアイデアを出してきた。7時まで入店の方は「2時間1000円飲み放題」から始まり、しばらくすると「すし登場」と変わった。「登場するほどおおげさな物でもないんじゃないかなー」とも思っていたが、その後も「鍋いろいろ登場」から「秋田料理登場」、「奥様に優しいプラン続々と登場」と続いた。この頃から「ちょと変わった発想する人だな~」と思っていた。あまり効果がある様には見えなかった。しかしこの程度でとどまる様な方ではない。自ら地域新聞を発行し、「経営者は小樽出身だから味は本物」「居酒屋歴15年の僕がコンサルタントします」などとガンガン吼えた。(この新聞は1年後終了する)花○の上のマンションを借り切り、「託児所付き居酒屋」と親が飲食しているときに、子供を預かると言う事をテレビを使ってまで宣伝し、堀江社長よろしく「シナジー効果」を狙ったが預けてまで飲む親はこの辺にはいなかった。この案をあきらめ「寺子屋花○」と言う学習塾を開始した。「なんで居酒屋の人が塾をやるんだろう」と言う声をたくさん聞いたが、まったくごもっともな話だ。今度は個室の宴会場にしたが需要も少なくこれも失敗した。なんとか起死回生しようと東急の裏の販売スペースで「お土産や花○」と言うカニやとうもろこし、ソフトクリームなどを売っていたが、1年後なくなった。そこで藤が丘にエスニック花○、託児所花○と同時にオープンしたが前回の反省も生かされることなく、スタッフに給料も払わず消えていった。まるで打ち上げ花火のような方だった。僕の中でははずしたくてもはずせない思い出だ。洋風居酒屋のお話はまた次回に。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|



- 人目のお客様
- 人目の本日のお客様


更新履歴

取得中です。

Google
Webhelp.atwiki.jp