職ドロと宮内君3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ついに仲間の1人が教師の「カマ」に引っかかり、全てぶちまけました。まあこの仲間は頭も悪いので引っかかるのは仕方ありませんが、事もあろうに僕らのしでかした、他の「悪さ」までしゃべりました。事実を知った教師が3人で僕のところに来ました。「お前がやったな」「やってねえと言ってんだろ」押し問答が続きましたが、僕が「やってねー」と言うたびに一発づつ殴られていきました。どうやら僕の「自供」が欲しかったようです。最後まで僕と仲間の一人(ボンタンを没収された友人)だけが吐きませんでした。しびれを切らした教師の一人が「お前こうして忍び込んだろ」「・・が吐いたんだよ」ついにばれました。「おお、俺らだよ。でもあの2人は下で脚立を抑えていただけだ。やったのは俺ら2人だよ」半ば開き直りました。仲間の2人をかばおうと思ったのです。(何てかっこいいんだろうと今でも思いますが(笑)こんな事をかっこいいと思うのはごく少数でしょうね)他の悪さはバレルは、父親は警視庁だったので辞めると言い出すは、妹は登校拒否になるはで、井上家の危機でした(笑)釈放?されてから僕ら2人は他の不良グループから「よく吐かなかったなー」と一目置かれましたが、真っ先に吐いた1人は「簡単にぺらぺら良くしゃべるねー」と完全にさげすまれました。名誉挽回?しようと一生懸命がんばりましたが、しゃべった罪は重く何をやっても「お前あん時ペラペラ謳ったじゃんよ(千葉弁です)」と言われ卒業するまでパシリになりました。さあ、やっと宮内くんです(こんなに前置きが長くなるとは想定外でした)堀江氏の本の中に、何度も宮内君は登場していたので、僕は宮内君のことは知っていました。財務全般を取り仕切っていて、堀江氏自身も「彼がいなかったらここまでこれなかった」と言っていましたので、今回の粉飾も宮内君が中心人物だろうと思っていました。今回のライブドア事件で、真っ先に宮内君がどうするか非常に注目していました。また次回に。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|



- 人目のお客様
- 人目の本日のお客様


更新履歴

取得中です。

Google
Webhelp.atwiki.jp