アイフルの金主


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

昨日第三日曜で定休日、関口君の働いている「温野菜」で軽く一杯飲みながら食事。千円割引きをもらいました。関口君ご馳走様でした。家に帰り完全に引きこもりモードに突入。テレビを見ていると「アイフル全店営業停止」。停止の理由は違法な取立てです。またか・・少しあきれてしまいました。「奥さんを出せ」とか「勤務先」への電話等が違法だそうです。払ってくれないからこの様な行為をするのであって、好きでしているわけではありません。僕自身はサラ金など最低の職業だと思っていますし、別にアイフルの社員をかばうわけではありません。奥さんに面会を求めるのは連帯保証人を取らずに貸していると思います。(むじん○のようなところから借りている)取っていればさっさと、保証人のところに行けばいいだけの話しだからです。また保証人を取っていないのならば高額は貸しません。信じ難いかも知れませんが、この様な借金をする人は金利計算もろくに出来ませんし、定職についていない人が多いようです。おまけにパチンコなどを一生懸命やっている人たちです。そういえばパチンコ屋の横にはよくありますよね。過去に何人もこの様な人を見てきたので多少はわかります。社会的に弱者の人たちです。その弱者をカモるために、大手銀行はアイフルに年2兆円を融資し、しっかとその利ざやを稼いでいます。また国はグレーゾーンで金利の罰則をあいまいにしています。銀行は個人融資もやってますがあまり熱心にはしていません。取立てはアイフルに任せればいいという考えで、最近大手銀行と消費者金融は相思相愛のタッグを組んでいます。みのもんたさんとテリー伊藤さんが銀行に多大な責任があるといっていましたが、全くその道りだと思います。この先は過剰融資な住宅ローン(収入の5倍位貸すのが相場なのに8,9倍貸している)があぶないと思います。根本を隠しアイフルのみの責任にしてしまってはいつまでもこの様な事は出てきそうです。もちろん借り手にも責任がありますが、貸し手責任をもっと追及すべきだと思います。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|



- 人目のお客様
- 人目の本日のお客様


更新履歴

取得中です。

Google
Webhelp.atwiki.jp