ハッスルキャット

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一部の方はご存知だと思いますがここで再び。
 先週の水曜日の事。
店に来ると、なにやらネコの鳴き声がしました。
 外に出ると確かに泣き声がするのですが、どうやら一階にいる模様でした。
 まあ気にせずに仕込みに集中し、終わった後本屋へ。
帰ってくると「店長~店の中にネコいるよー」と池田さんがビビッていました。「まさかーいるわけないじゃないですか」と話しているときはまったく聞こえませんでした。
 しかしひとたびシーンとすると「ニャーニャー」と確かに聞こえます。僕が「プリンターの音じゃないですか?」と聞くと「そんな訳ないよー」とまたも池田さんがビビッています。
繰り返し泣き声が聞こえてきました。「配管の中にいるんじゃないの?」と気が動転していたためか、池田さんの物凄い発想のほうに僕はビビッってしまいました。
 泣き声の回数が増えてきました。それもすぐ近く、製氷機の下あたりです。
 早速ライターで照らすと何もいません。
しかし聞こえてきます。今度は店のライトで照らすと「いたー」僕は思わずハッスルしまくりで大声を出してしまいました。
 黒い50センチくらいの可愛い子猫です。
ほうきを入れたらそそくさに走って出て行きました。
 僕は「完全に招き猫ですよー」「ハッスルキャットですよ」と池田さんに言いました。
 水曜日はまあまあの日なのですが、なんと「超満員札止め」で10人程帰って頂くほどでした。
 完全にハッスルキャットです。
また遊びに来ていただきたいですね。
 ハッスルキャットちゃん、お願いだから他の店には行かないでね。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|



- 人目のお客様
- 人目の本日のお客様


更新履歴

取得中です。

Google
Webhelp.atwiki.jp