早実・斉藤投手の進学について

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

斉藤投手が早大進学を発表しました。
 う~ん、実に惜しいなーと思います。
今一番の旬を迎えています。このままプロに入れば1年位話題を独占できますし、契約金も億を超えるでしょう。(また金かと言わないでくださいね)
 僕はこの年になって気ずいたのですが、どうも人生はその年齢でしかできない事にチャレンジしたほうがいいんじゃないかと思っています。
 僕も今の考えで、18歳だったら間違いなくテニスプロを目指す事を選択します。商売などは30歳から始めても十分間に合うからです。勝手になれないと決めつけ、商売の道に入ったのですが、もしかしたらなれたのかも知れません。
 今はすごく後悔しています。悩んだときは今しかできない道を選択するようにしています。
 斉藤投手は家族会議で進学を選択したようです。
もちろん親は大学進学という保険をかけるよう勧めるのはもちろん理解できます。
 大学を出れば母校の監督もできますし、あれぐらいの人物であればどこの企業に入る事も出来ると思いますが、プロでの4年と大学の4年では雲泥の差でしょう。
 大学などは30歳になっても行くことは出来ます。
この人生最大の旬のチャンスを生かしてもらいたかったと本当に残念です。
 まああれくらいの投手ですから卒業してからも、活躍するとは思いますが・・
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|



- 人目のお客様
- 人目の本日のお客様


更新履歴

取得中です。

Google
Webhelp.atwiki.jp