日本民謡協会


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

昭和3年、藤沢衛彦、野口雨情、北原白秋、三木露風、時雨音羽、白鳥省吾、本居長世、中山晋平、山田耕筰、梁田貞、宮城道雄、佐藤千夜子、四谷文子、照井栄三、藤井清水、権藤円立らによって設立されたもの。

協会は、東京市の主催で毎年1回、日比谷野外音楽堂で民謡祭を行い、新作民謡を発表した。

ちなみに現存する日本民謡協会とは直接の関連性はない。この日本民謡協会は戦争中に自然消滅となってしまっている。現存する日本民謡協会は昭和25年に設立されたもの。