レコード


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大正時代、街頭で演歌師が歌い流行させていた歌をレコード会社が吹き込んで売っていたレコード。
それが昭和になり、外資系レコード会社が日本に製造会社を作るようになると、自ら企画、制作、宣伝するようになる。

多くの音楽家、詩人がレコードに参加するようになるが、中にはかたくなに歌謡を作ることを拒む人もいた。
レコードというものの価値は、このころどのようなものだったのだろう。