※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

葬儀にあたり、本当に自分にあった、すばらしい葬儀業者を見つけることは至難の業です。しかし、自分たちがいいようにとりしきってしまい、「家族や故人が望む葬式を行う権利」を奪ってしまう悪い葬儀業者をみつけるのは、ちょっと情報収集すれば簡単です。最低限、自分が望む葬儀を行ってくれる業者を元気なうちに見つけ、相談しては?


病院で身内が危篤になったら、ご家族にはつらいことですがまず、他の家族や親戚に連絡をしてください。そして、連絡を受けた家族や親戚は、どこかの葬儀を行うところに連絡をとっておくことをおすすめします。そうすれば、病院と契約を結んでいる葬儀屋が強引に葬儀を取り仕切ろうと思っても、穏便に断ることができます。


もともと、人が死ぬことを考えるのは縁起が悪いとされるため、いざ家族や親戚などの死に立ち会うと、どうしたらいいのかわからないものです。また、病院から家まで遺体を運ぶには、特別な免許が必要となるため、どうしても病院と契約を結んでいる葬儀屋の手を借りなくてはいけません。家についたら、家族の混乱につけこんで居座り、葬儀の契約を結ぶところもあり、トラブルの原因となります。