家庭用について

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アーケード(以下Ac)でやっていくのもいいですが
家庭用(以下Cs)でも結構できることはあります。
そこで色々な説明などをしていきたいと思います。

コントローラについて

アーケードスタイルコントローラ
長所:
・家でもAcのような感覚で楽しめる
・練習などをする際とても便利
短所:
・ボタンを叩くとうるさい
・ボタン間隔が実際のものよりもほんのすこし広い
・大きいので使用しないとき邪魔

私は主にこれを使っております。
これで十分に練習できますし楽しめます^^


ゲームレベルについて
1~4までありますが実際のAcは2か3ってところでしょう。
ですがCsではAcに似せる必要がないと私は思ってます。
なのでここは1にしておきましょう。
理由としてはゲージが上がりやすいので
自分の限界よりも難しい譜面にも挑戦しやすいです。
それにやる気もでます(笑

トレーニングモードについて
家庭用にしかないモードでとっても練習になります。
プレイ中の速度を遅くしてHSを上げると譜面が簡単になります。
このようにして押す順番などを覚えると便利だと思います。
押せるようになったら少しずつ速度を上げていくといいでしょう。
あと設定で1小節ごとに練習できる機能も活用しましょう。
自分のできない部分を速度を下げてやれば
badを減らすことができるでしょう。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|