※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■ケロ⑨DESTINYが出来るまで”じ”(冒頭はこちら


寺子屋の授業はお昼の12:30ほどに終わります。
しかし、諏訪子は夕飯の時間ギリギリまで帰らず、ある所に行きます。


           ____       ____
         (ヒ_], ___________ヒ_ン) ,、
          / ""  ,___,   "" ` ,_
.      iヨi      ヽ __ン     ',ヾi]
.     [=Y             「 !ヽ
       「 !.         _____ ノL」| )
      /,L」|,, -‐ ''"´ ̄ ̄`"'' .、`ヽ_/   こんにちは!!
  ,. ''"´ /´ / ;'  _;'_;'_ !  /!  ;`ヽ,ヽ、
  '.、  .;'   ', i ´ハ_」_/|/ ! メ! ,!ヽ,. ヽ.
    `Y    i Vレ'7´      レ' ソノ., ',   ';
   _ノ     i ,ハ i.  ⌒    ⌒  i   i
   `.>'    (__⊂/// ,___  ///ノ!イレ'ノ
   ∠._   ノ  | |、   ヽ _ン  ⊂!_)‐''"´
     レ'´ヽ、 ! iソ>,、.,,_  _,,. イ |ヽ.                  _,, -──- ....__
         'ァ|  !>;`ヽ、「、,ハ.|  !ヘ)               ,...."´::::i ̄!::::::::。:::::::::::`゙ ヽ
         / !  !、::ヽ、.,___ノヽ. !  |               ./::::〈:::匸  二!:::〉:::::::::::::::::::::`.、
       ,:'  `ヽ! ';::::::::ヽ::`'; 'レヘ!              〈::::::::::::゚:::::::!  i,::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::;i
       / _,,. -‐rァ-、::::::::::r‐''i7ヽ、              ヽ,.'´ ̄` 7´  ̄ ̄ ´ ̄``ヽ::::::::;
      ;' ァ'´   i,/ ̄`ヽ;:::`i、,| !  ';               /    / /!      `ヽ  ヽ::/
      !     | !_____,r'::::::::|:::「i  i              / //   { / { ト、 |  }ハ 、 ヽ
                                    |l{ { | __,.!{ ヽ.{、.__ ノ}ノハ   ! !
                                    lハハlヽ ⌒    ⌒  リ.ハl   | |
                      あら  いらっしゃい! | ハ. |"   ,____,  "!  l   | |
                                    ヽヘ 人   ヽ _ン    |  |   | l
                                     ` ヽ >.、______,.イ/ /  ,'/
           ,. -───-- 、_
       rー-、,.'"          `ヽ、.          あー うー!!
      _」::::::i  _ゝへ__rへ__ ノ__   `l
     く::::::::::`i / ゝ-'‐' ̄ ̄`ヽ、_ト-、__rイ、    }^ヽ、   すーわーこー!!
   .r'´ノ\::::::::ゝイ,.イノヽ! レ ヽ,_`ヽ7ヽ___>、_ ノ ハ } \
  /ヽ/ r'´ ィ"レ´ ⌒ ,___, ⌒  `!  i  ハ /  }! i ヽ
 / / ハ ハ/ ! /// ヽ_ ノ /// i  ハ  〈〈{_   ノ  }  _」
 ⌒Y⌒Y´ノ /l           ハノ i  ヽ⌒Y⌒Y´
      〈,.ヘ ヽ、        〈 i  ハ  i  〉
       ノ レ^ゝi>.、.,_____,,...ィ´//レ'ヽハヘノ

寺子屋には「特別学級」というものがあり、障害者の子はここに預けられていました。
永琳は保健室の先生兼特別学級の先生をしておりました。
レミリアは特別学級の生徒でした。



          _,,,,.... ----- ─ - ...、
       ,.. "´::::::::::::::;o:::__i ̄i__::o
      /::::::::::::::::::::o':::::.|__  __|:::;o::::::〉
      ヽ::::::::::::::::::::::::゙:o:::::::i___!:::o'::::::::/
       〉、, - 、 ―'''''゙゙  ̄ ̄, `゙゙''ー' 、
      ,'/とトリ_)トー",.ィ| /`ー'i ハヽ .ゝ  じゃあ 諏訪子も来たことだし 食べましょうか
      / /-‐   ./_,.!レ´ .、レ__ノ )',ハ
     /  /   ,ィ(ヒ_]     ヒ_ン .ハ i
   //  〈ヽ.レイ!'"  ,___,  "' iイ..ノ
  .´ ゝ\Z}´ ハ    ヽ _ン   ノ ノ
 /  ヽ. ィー'   ) l >,、 _____, ,.イ
 {     l、_ - 'ヽ.! /、二ノ/´`ヽ
 ヽ     {:.:.:._:.:.:; ':.:.::二:::\:::::::::::`フ                       _,.、 --─- ,/ ,
                                         \ .,,r'´ ,___,    (ヒ_] i、
           ,. -───-- 、_                    ( ヒ_ン   ヽ _ン        ゙i.
       rー-、,.'"          `ヽ、. うー!! うー!!     ト、r'´、. ''゛´ ̄ ̄`゛'' ‐- .,,__゙i.,_
      _」::::::i  _ゝへ__rへ__ ノ__   >                //´;     !     '; ゙i `゙i `゛ヽ
     く::::::::::`i / ゝ-'‐' ̄ ̄`ヽ、_ト-、__r                /.,,ノ!,! メ (,  ハ_ _ハ` i ,'   ';.  ノ
   .r'´ノ\::::::::ゝイ,.イノヽ! レ ヽ,_`ヽ7ヽ___>、_ ノ ハ } \      ;'(,,' ,.(,ハ__ハ__! V ゙ヽ__ノレV i    Y´
  /ヽ/ r'´ ィ"レ´ ⌒     ⌒  `!  i  ハ /  }! i ヽ      i ヽノハ -‐‐  ー-- 'ハ=i     ト、
 / / ハ ハ/ ! /// ,‐―( /// i  ハ  〈〈{_   ノ  }  _」      !、ト !ト、⊂⊃,___, ⊂⊃|Xi    '<´
 ⌒Y⌒Y´ノ /l      ゙ ,'     ハノ i  ヽ⌒Y⌒Y´        レ! !ヽ  ヽ _ン  Uノ=| (,   \
      〈,.ヘ ヽ、        〈 i  ハ  i  〉   レミィ早いよ…… | | >, ,_____ 、,イ| | (,ヘ.,   ̄
       ノ レ^ゝi>.、.,_____,,...ィ´//レ'ヽハヘノ               | |.ハ,、「、,ノ<´ ! | '

リグルを食べるのが嫌な諏訪子は、いつもレミリアと一緒に永琳の作ったお弁当を食べていました。
永琳は諏訪子の家庭のことを知っていたので、いつも多めに作ってきます。



                              _,, -──- ....__
                           ,...."´::::i ̄!::::::::。:::::::::::`゙ ヽ
                         ./::::〈:::匸  二!:::〉:::::::::::::::::::::`.、
                         〈::::::::::::゚:::::::!  i,::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::;i
                         ヽ,.'´ ̄` 7´  ̄ ̄ ´ ̄``ヽ::::::::;
                         /    / /!      `ヽ  ヽ::/
                         / //   { / { ト、 |  }ハ 、 ヽ
                          |l{ { | __,.!{ ヽ.{、.__ ノ}ノハ   ! !
   諏訪子 あまり酷いようなら      lハハlヽ(ヒ_]    ヒ_ン )リ.ハl   | |
     私からけーね先生に言おうか?| ハ. |"   ,____,  "!  l   | |
                         ヽヘ 人   ヽ _ン    |  |   | l
                          ` ヽ >.、______,.イ/ /  ,'/
         , /, -─-- 、.,_
        ,.i (ヒ_]    ,___, `ヽ,. \
       ./        ヽ _ン   ヒ_ン )
     _,./__,,. -‐ ''"´ ̄ ̄`"'' .、`ヽ,ー:'
  ,. ''"´ /´ / ;'     !     ;`ヽ,ヽ、  チクったろ!って言われて
  '.、  .;'   ', i ´ハ_ _ハ  ノ メ !,!ヽ,.ヽ.  もっとイジメられちゃう………
    `Y    i Vレ'7;__,.!/ V !__ハ ハノ., ',ノ';
   _ノ     i=ハ ' (ヒ_]    ヒ_ンハ.ノi   i
   `.>'    iX|⊂⊃ ,___, ⊂⊃ノ!レノ  「そっか……辛いことがあるなら何でも言うのよ?
  ∠._   ノ |=ヽ、        ノ!i レ     じゃあ咲夜さんが迎えに来るまでレミィと遊んであげてね!」
      ,.ヘ,) | |>,、 _____, ,イ| |
        ' | !>;`ヽ、「、,ハ.| |




                         ,. -───-- 、_
                    rー-、,.'"          `ヽ、.
                    _」::::::i  _ゝへ__rへ__ ノ__   `l
                   く::::::::::`i / ゝ-'‐' ̄ ̄`ヽ、_ト-、__rイ、
                    \::::::::ゝイ,.イノヽ! レ ヽ,_`ヽ7ヽ___>
  すわこー!!         r'´ ィ"レ´(ヒ_]    ヒ_ン )`!  i  ハ
                    ヽ/  ! /// ,___, /// i  ハ   ',
   つみきー しよーうー!!  .ノ /l     ヽ_ ノ    ハノ i  ヽ.
                    〈,.ヘ ヽ、        〈 i  ハ  i  〉
                     ノ レ^ゝi>.、.,_____,,...ィ´//レ'ヽハヘノ
                       /⌒`γ´ハ_,,.イ´レ`ヽ、  /⌒ヽ、
                      〈r'^ヽi /^L_!ムイ_」^ヽ. .〉´ /  i' \
                         `7 _ノ'§ !、_  !,イ__'⌒ヽ、ノ   i
                         i、_ノ !、,§__、ハ、_ノ、/、__  ⌒ヽノ
                          r/ `ー--─ヘ´``ヽ、_イ
         , \, -─-- 、.,_
        ,.i (ヒ_]    ,___, `ヽ,. /
       ./        ヽ _ン   ヒ_ン )
     _,./__,,. -‐ ''"´ ̄ ̄`"'' .、`ヽ,ー:'
  ,. ''"´ /´ / ;'     !     ;`ヽ,ヽ、  うん!! 積み木しよう!!
  '.、  .;'   ', i ´ハ_ _ハ  ノ メ !,!ヽ,.ヽ.
    `Y    i Vレ'7;__,.!/ V !__ハ ハノ., ',ノ';
   _ノ     i=ハ '  ⌒     ⌒ハ.ノi   i
   `.>'    iX| ///  .,___,///ノ!レノ
  ∠._   ノ |=ヽ、    ヽ _ン  ノ!i レ
      ,.ヘ,) | |>,、 _____, ,イ| |
        ' | !>;`ヽ、「、,ハ.| |

永琳は諏訪子の良き理解者であり、レミリアは諏訪子の唯一の友達でした。
家に帰っても神奈子たちにいじめられるだけなので、レミリアのメイドである
咲夜が迎えに来るまで、毎日レミリアと遊んでいました。



        ,-r⌒L⌒」⌒yヽ、
     _r─ノヽヽ,_ _,ノヽヽイゝ、
    rヽ,/ /       `ヽイヽ,
   r` /  ./λ    入、ヽ、ヽi  お迎えにあがりました
    'y r .イ ____ヽ,  ノ____ヽ、ヽ, |
   ∠/   /____  i レ'_____  ヽヽ、i  諏訪子ちゃん いつも遊び相手になってくれてありがとね
    /   イ} ⌒    ⌒   イヽヽ、
   / /くl""    ,    ""{yイ\ ゝ
   i//{.人   ー─,-   ,イiy}イ´/!          ,. -───-- 、_
    //y}レヽ..、 ̄  ,イゝ|{yレV     rー-、,.'"          `ヽ、.   もっと あそーびたいー うー!!
    ´ ,{y -─r ̄´=イ─'- y}、     _」::::::i  _ゝへ__rへ__ ノ__   `l
     r´[>}「´ ̄`rt´ ̄ フ [>{<] 'ヽ、  く::::::::::`i / ゝ-'‐' ̄ ̄`ヽ、_ト-、__rイ、    }^ヽ、
                       .r'´ノ\::::::::  /イ,.イノヽ! \ レ ヽ,_`ヽ7ヽ___>、_ ノ ハ } \
                      /ヽ/ r'´ ィ"レ´ >//////<  `!  i  ハ /  }! i ヽ
                     / / ハ ハ/ !        U  i  ハ  〈〈{_   ノ  }  _」
                     ⌒Y⌒Y´ノ /l     △    ハノ i  ヽ⌒Y⌒Y´
                          〈,.ヘ ヽ、        〈 i  ハ  i  〉
                           ノ レ^ゝi>.、.,_____,,...ィ´//レ'ヽハヘノ
         , \, -─-- 、.,_
        ,.i (ヒ_]    ,___, `ヽ,. /
       ./        ヽ _ン   ヒ_ン )
     _,./__,,. -‐ ''"´ ̄ ̄`"'' .、`ヽ,ー:'  また明日遊ぼうね!!
  ,. ''"´ /´ / ;'     !     ;`ヽ,ヽ、
  '.、  .;'   ', i ´ハ_ _ハ  ノ メ !,!ヽ,.ヽ.   「では先生 さようなら」
    `Y    i Vレ'7;__,.!/ V !__ハ ハノ., ',ノ';
   _ノ     i=ハ ' ⌒    ⌒ハ.ノi   i     「さよなら うー!!!」
   `.>'    iX|⊂⊃ ,___, ⊂⊃ノ!レノ
  ∠._   ノ |=ヽ、    ヽ _ン  ノ!i レ
      ,.ヘ,) | |>,、 _____, ,イ| |
        ' | !>;`ヽ、「、,ハ.| |




                 _,, -──- ....__
              ,...."´::::i ̄!::::::::。:::::::::::`゙ ヽ
            ./::::〈:::匸  二!:::〉:::::::::::::::::::::`.、
            〈::::::::::::゚:::::::!  i,::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::;i
            ヽ,.'´ ̄` 7´  ̄ ̄ ´ ̄``ヽ::::::::;  じゃあ私も帰るわね
            /    / /!      `ヽ  ヽ::/
            / //   { / { ト、 |  }ハ 、 ヽ  諏訪子はまだここにいるの?
             |l{ { | __,.!{ ヽ.{、.__ ノ}ノハ   ! !
           lハハlヽ(ヒ_]    ヒ_ン )リ.ハl   | |
            | ハ. |"   ,____,  "!  l   | |
            ヽヘ 人   ヽ _ン    |  |   | l
             ` ヽ >.、______,.イ/ /  ,'/

         , \, -─-- 、.,_
        ,.i (ヒ_]    ,___, `ヽ,. /
       ./        ヽ _ン   ヒ_ン )
     _,./__,,. -‐ ''"´ ̄ ̄`"'' .、`ヽ,ー:'    まだ夕飯まで時間あるので
  ,. ''"´ /´ / ;'     !     ;`ヽ,ヽ、    残って勉強してきます
  '.、  .;'   ', i ´ハ_ _ハ  ノ メ !,!ヽ,.ヽ.
    `Y    i Vレ'7;__,.!/ V !__ハ ハノ., ',ノ';
   _ノ     i=ハ ' (ヒ_]    ヒ_ンハ.ノi   i   「帰る時は気をつけるのよ それじゃあまた明日」
   `.>'    iX|⊂⊃ ,___, ⊂⊃ノ!レノ
  ∠._   ノ |=ヽ、    ヽ _ン  ノ!i レ     さようならー
      ,.ヘ,) | |>,、 _____, ,イ| |
        ' | !>;`ヽ、「、,ハ.| |

今日はいつもより早く咲夜が迎えにきたので、永琳も早く帰ることにしました。
諏訪子は特別学級の教室で1人、勉強することにしました。