※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《小悪魔》

効果モンスター
星3/地属性/悪魔族/攻900/守1700
リバース:デッキから「パチュリー」と名の付いたモンスター1体を選択し手札に加える。



サーチャーの一体であり、デッキから《図書館の魔女 パチュリー・ノーレッジ》及び《花曇の魔女 パチュリー・ノーレッジ》を手札に加えるリバース効果を持つ。

同じく紅魔館でサーチャーを務める《紅魔館門番 紅美鈴》と比べステータス、サーチ対象の量・質共に見劣りするが、このカードはリバース効果なのでマクロコスモスなどの全体除外カードが展開していてもサーチ効果を発動することができ、相手が《紅魔館門番 紅美鈴》のサーチを警戒し攻撃してこなかった場合にもこのカードなら返しのターンで即座に生贄と上級モンスターを揃えることができる。

それでも紅魔館《図書館の魔女 パチュリー・ノーレッジ》と一緒にぶち込んだだけでは《紅魔館門番 紅美鈴》と比べ使い勝手が悪い印象は拭えない。
だが帝モンスターに類似した効果を持つ《図書館の魔女 パチュリー・ノーレッジ》はその確立されたデッキギミックもある程度流用できる(相性が良いとされるのは各種属性モンスターを採用できるリクルーター帝、それぞれの属性を呼び出すことで効果を自由に扱えるサモプリ帝辺り)。その多種多様な効果で相手を攪乱する準コントロールデッキ「ぱちゅコン」では3枚までしか積めない《図書館の魔女 パチュリー・ノーレッジ》をサーチする重要な役割を担う。

また、4期で出てきた《花曇の魔女 パチュリー・ノーレッジ》のサーチにも対応しており場合によってはこちらをサーチする方が有益な事もある。
覚えておいて損は無い。



  • 原作及び二次創作での扱い―
東方紅魔郷4面中ボス。保護色全開の弾幕がプレイヤーを惑わす。また地味に大弾(見た目は非常に巨大だが実は中心部にしか攻撃判定がない)の開祖だったりする。
名前なし、能力なし、立ち絵なし、セリフなし、というある意味究極のステータスを誇る。これらが全て欠けているボスキャラなど旧作を除けば彼女と大妖精くらいのものなのでやはり相当の希少種といえる。身も蓋も無い事を言ってしまうとモブに毛が生えた程度のキャラ。
しかし益々激しさを増す戦において生命線となるボムをプレゼントしてくれる彼女の優しさは多くの者を和ませ、大妖精・東方香霖堂一話に登場する名無し妖怪(通称朱鷺子)と共に三大名無しキャラとして親しまれている。だが紅魔館という住処を持ち、パチュリーという絡める対象が存在する分、(他二名と比べれば)存在感はある方である。





関連カード